menu

メダカの飼育法~初心者の飼い方~

メダカの飼育用水

メダカの飼育用水

メダカにとっての水

メダカを飼育するにあたって、もっとも基本となる点であり最低限確保しておかなければならないのが「水」についての知識です。
メダカは言うまでもなく水中で暮らしています。水がメダカに合っているかどうかは、直接生死に関わるほど大切な事なのです。
ただ眺めているだけでは、私たちにはその水が良い水なのか、それとも悪い水なのか見分けることはできません。水道水、井戸水、河川の水などメダカの飼育用水として利用できそうな水はたくさんありますが、どの水が一番適しているのか。また、どんな問題点があるのか一つ一つ考えてみましょう。

水道水

水道水は蛇口を捻れば出てくる、私たちにとって一番馴染みのある生活用水です。
この水道水には水質の安定と殺菌のために、塩素(カルキ)が含まれています。もちろんこの塩素の量は、人間にとっては全く無害な濃度ですが、メダカなどの小さな生き物にとってはかなり有害なものです。そのため、蛇口から出てきた水道水をすぐそのままメダカの飼育用水として使用することはできません。飼育用水として利用するためには、この塩素をメダカにとって無害なレベルまで取り除いてあげる必要があるのです。
塩素を取り除く方法には、専用の薬剤を使う方法と、汲み起きによる方法の二種類があります。
水道水に含まれる塩素は、バケツなどに入れ3日ほど屋外で放置していればほぼメダカにとって無害なレベルまで消え去ってしまいます。更にバケツを、太陽光が当たる位置に置いておくと、一段と早くカルキを除去することができるでしょう。
緊急な水換えや、汲み置き水が何らかの理由でダメになってしまった場合には、ペットショップなどで市販されている、専用の薬剤を利用し塩素を中和させることになります。もちろん、きちんとメダカや水性動物にとって無害となるように調整されてはいますが、やはり可能な限り汲み置きによる方法をオススメしたいところです。
水道水の最大の長所は、日本の優秀な水道システムによってほとんどの雑菌が取り除かれているという点です。これは後述する井戸水や河川の水と比較して、とても大きな長所といえます。

井戸水

最近はあまり見かけなくなってしまいましたが、田舎で飲み水として利用されているような井戸水であれば、ほぼメダカにとっても問題無いと考えて良いでしょう。ただし、稀ではありますが、人間にとっては無害でもメダカにとっては有害な物質が含まれていることもありますので、可能であれば一度水質検査を行なった方がよいでしょう。
また、井戸水の特徴として、含まれている酸素の量が極端に少ない場合があります。そんな時はエアレーションをするなどして、酸素を水に溶かし込んでやる必要があります。

河川の水

現在、身近にキレイな河川があるというケースはとても珍しいこととなってしまいました。幸運なことにあなたがそういった美しい環境に住んでいる場合は、もちろん水質検査を行なった上でですが、河川の水をメダカ飼育に利用するのも良いでしょう。特に雑菌については念入りにチェックする必要があります。


おすすめアクアリウム用品通販サイト
メダカの臭い対策!お部屋が生臭い時にやる事!


関連記事

Top