menu

メダカの飼育法~初心者の飼い方~

水温や水質について

水温や水質について

メダカに適した水温

人間は体温調節機能を持った恒温動物ですが、メダカは水温の上限に合わせて体温も上下する変温動物です。水が温かくなれば活発に泳ぎ回るようになりますし食欲も増進します。逆に水温が低くなってくると動きを止め、餌もほとんど食べなくなってしまいます。
メダカが生きていける温度の幅はかなり広いことが分かっており、なんと2度から38度の間であれば生存可能であるとされています。
ですが、もちろんメダカが健康的に元気よく生きることができる範囲はもっと狭い範囲となります。
メダカの飼育に適した温度は下が約15度。上がだいたい28度です。15度以下になると徐々に動きが鈍くなり、5度以下になるとほどんと水底でじっとしているだけとなります。逆に水温が30度を越えるような環境では、再び動きや食欲が鈍るようになります。また、たとえ上記のメダカにおける適切な水温の範囲であっても、急激な水温の変化が起こった場合、メダカは体調を崩してしまいます。場合によっては仮死状態になったり、本当に死亡してしまうこともあります。水換えの際などには十分注意するようにしましょう。

水中の酸素

メダカはエラによって水中の酸素を吸収し呼吸しています。この水中に溶け込んでいる酸素は水温が高くなると減少し、低くなると多くなります。
一方で、メダカは水温が上がると行動が活発化します。更に餌もたくさん食べるようになりますので、一層酸素を必要とします。
普通に飼育している分にはあまり意識することはないかもしれませんが、水温が高いことに加えメダカの数が多い場合など、酸素不足が疑われる場合にはエアレーションが必要となることもあります。

水質悪化の原因

メダカに適した水質、水温で飼育していても時が経つにつれ徐々に水質は悪化していきます。メダカも動物ですから餌を食べ、そして排泄を行います。餌の一部は食べ残しとなって水底へ沈み水質を悪化させますし、排泄された糞などの有機物も当然水質を悪化させる原因となります。
これらの原因物質も安定した環境においては、水底にいるバクテリアや植えられている水草などによって、水質を大きく悪化させることもなく分解されていきます。しかし、絶妙なバランスはとても崩れやすいため、ちょっと油断するとすぐにメダカにとって住みにくい環境となってしまいます。
状態の良い水質を保つためには、定期的な水換えや濾過装置、エアレーションポンプの使用などを組み合わせる必要があります。あまり過剰な設備を構えることもありませんが、状態を観察しつつ適切な飼育環境を維持できるよう工夫していきましょう。


おすすめアクアリウム用品通販サイト
メダカの臭い対策!お部屋が生臭い時にやる事!


関連記事

Top