menu

メダカの飼育法~初心者の飼い方~

生き餌と人工飼料

生き餌と人工飼料

餌の種類

餌には大きく分けて、生き餌と人工飼料があります。
生き餌には、ボウフラ、アカムシ、ミジンコがあり、人工飼料は各メーカーからたくさんの種類が販売されています。

生き餌について

・ボウフラは蚊の幼虫です。メダカがとても好んで食べる餌です。
・アカムシはユスリ蚊の幼虫です。これもメダカはよく食べます。
・ミジンコは動物性プランクトンの一種で、小さいために稚魚用の餌として最適です。
生き餌全般に言えることですが、メダカの食いつきがとても良く、栄養価も高いのが特徴です。ただし入手や保管が難しいのが欠点と言えます。
最近ではこれらを急速冷凍したり、真空パックやフリーズドライにした餌もありますので、体調を回復させたい時や、産卵期など特に栄養をつけさせたい時期にはなるべく生き餌を与えると良いでしょう。

人工飼料について

現在では観賞魚ブームのおかげもあって、大変たくさんの人工飼料が市販されています。また、品質も大変高く中には生き餌と比べても遜色の無い製品まで登場しています。
人工飼料はその形状も豊富で、顆粒状・粉末状・フレーク状・ペレット状などさまざまなタイプがありますのでメダカの大きさや、好みによって自由に使い分けるといいでしょう。また、稚魚の飼育には顆粒状やフレーク状の餌を乳鉢ですり潰すなどして、パウダー状にしたものを与えると良いでしょう。
最近ではメダカ専用の餌という物も複数種類市販されており大変便利になりました。また、金魚や熱帯魚用の餌の中にもメダカに与えて問題の無い物がたくさんあります。飼い主の好みやメダカの食いつきを見ながら適切な物を探し出しましょう。
人工飼料を選ぶ上での注意点は、メダカの口の大きさを考えるということです。メダカにとって大きすぎる餌は、上手く捕食できないばかりか水質の悪化にも繋がりますので避けた方が無難です。
その他、タブレット型の餌は立ち上げ時に特に適しています。タブレット型とは、ペレット状の餌を更に一回り大きくしたような物で、細かい粒状の餌を硬く圧縮してあるタイプの餌です。水中に入れてもすぐに崩れたりバラバラになることがないので、弱いメダカにも餌が行き渡り易いという特徴があります。

野生メダカの食事

メダカは雑食性であり、自然環境の中では様々な物を食べて生きています。メダカのお腹を覗いてみると、主に昆虫を多く食べているようで、水生昆虫や水面に落ちてきた虫などを捕食しています。中には、メダカの稚魚が見つかることもあり、自分たちの子供まで餌の対象とすることがあるようです。


おすすめアクアリウム用品通販サイト
メダカの臭い対策!お部屋が生臭い時にやる事!


関連記事

Top