menu

メダカの飼育法~初心者の飼い方~

水槽による飼育

水槽による飼育

室内での飼育は水槽で

最近では広い庭を持つ家庭が少なくなってきたこともあり、メダカを飼育しようと思っても昔のように庭に大きな水鉢を置いて、というわけにもいかなくなってきました。
必然的に室内でメダカ飼育を楽しむことになるわけですが、その場合必要となるのが水槽です。

ガラス水槽

ガラスの板を貼り合わせて作られた水槽です。幅30センチ程の小型の物から2メートル近い物まで、とてもたくさんの種類があります。最近ではコーナー部分を張り合わせるのではなく、一枚のガラスをカーブさせることによって作られた視認性の良い、見栄えのするオールガラス水槽も登場しています。

プラケース

プラスチックで作られている飼育容器です。ペットショップやホームセンターで簡単に手に入れることができます。昆虫を飼育するために利用したことのある方も多いのではないでしょうか。
とても軽いことと、安価なことが長所ですが、表面に傷がつきやすいために長年使っていると白く曇ってしまったり、劣化するとヒビが入ったり割れやすくなってしまいます。そのため耐久性の面ではガラス水槽に劣ると言えるでしょう。
また、照明やフィルターといった他の飼育器具を取り付けにくいという欠点もあります。
プラケースはメインの水槽としてではなく、水換えの際に一時的にメダカを移したり、卵や生まれたばかりの稚魚をしばらく育成するために使用するのに適していると言えます。サブ用水槽としていくつか持っておくと重宝するでしょう。

セット水槽

水槽と基本的な器具類(エアポンプやフィルター、蓋など)が詰め合わせセットになった水槽です。それぞれ単品で用意するよりも安価で済みますから、初めてメダカを飼育する場合にはこのタイプがオススメです。

その他、特に大型の飼育容器が欲しいという場合は、アクリル製の水槽も市販されています。アクリル製の水槽はガラス水槽とプラケースを合わせたような特徴を持っており、ガラスよりも安価で割れにくいのですが、透明度の高さでは若干ガラス水槽に分があると言えます。

専用の台を使おう

水を入れた水槽は想像以上に重くなります。小石などを底に敷いている場合であれば60センチクラスの水槽で重さ約50キロにもなります。そのため不安定な場所に置いたり、耐久性の低い台の上に設置してしまうと、水漏れや最悪水槽が倒れる可能性があるので大変危険です。水槽専用の台が市販されていますので是非そちらを使うようにしましょう。
台には餌や飼育器具などを保管するためのキャビンが付属している物がほとんどですので大変便利です。


おすすめアクアリウム用品通販サイト
メダカの臭い対策!お部屋が生臭い時にやる事!


関連記事

Top