menu

メダカの飼育法~初心者の飼い方~

フィルターの役割

フィルターの役割

フィルターの役割

メダカを飼育している水槽の中にはたくさんの有機的な不純物が存在しています。フンや食べ残し、枯れた水草、メダカの死骸などです。飼育水はこういった大きなゴミと、これらが腐敗することによって発生する目には見えない汚れによって、どんどん水質が悪化していくのです。
こういった汚れを飼育水の中から除去し、悪化した水質を再びメダカに適した物へと戻す役目のことを「濾過」といい、この役目を果たす装置をフィルター(濾過器)と呼びます。

濾過の仕組み

濾過は二段階の仕組みによって行われます。第一段階として、フィルターはまずスポンジなどの濾過材によって目に見える大きなゴミをこし取ります。これを物理濾過といいます。
第二段階は生物濾過です。アンモニアなどのメダカにとって有害な物質を、濾過材の中に繁殖したバクテリア達が無害な物へと変えてくれるのです。
この二つの段階の内、特に重要なのが後者の生物濾過です。フンや餌の食べ残しなどが腐敗するとすぐに毒性の強いアンモニアが発生してしまいます。このアンモニアをニトロモナスというバクテリアがまず亜硝酸という物質へと変化させます。この亜硝酸はアンモニアと比べるとやや毒性は低くなります。
次にこの亜硝酸をニトロバクターというバクテリアが硝酸塩へと変化させます。硝酸塩の毒性はかなり低く、一部は養分として水草へと吸収され、残りは定期的な水換えによって一定以下の濃度に保たれることとなります。

新品フィルターには要注意

生物濾過に必要なバクテリア達は、フィルター内の濾過材内でどんどん繁殖していきますが、新しくセットしたてのフィルターにはまだ十分なバクテリアが存在しません。そのため、新しい環境ではアンモニア等の分解が十分に行われず、水質がとても不安定な状態となります。
新しい環境でメダカを飼育する場合は、メダカの数を少なめにしたり餌の量を控えなくてはなりません。

フィルターの種類

フィルターは大きく分けてモーターによって動作するタイプと、エアポンプによって水を動かす物があります。もちろんどちらのタイプでもメダカ飼育に使用して問題ありませんが、エアポンプタイプの投げ込み式や、底面式はつくりがシンプルなため子供や初心者にも扱いやすいと思われます。また、酸素も同時に供給できる点もメダカの飼育に適しているといえます。
モータータイプの上部フィルターや外部式フィルターは、大きな水槽でたくさんのメダカを飼育する場合に優位です。注意点としては、力が強いために速い水流ができてしまうケースがありますから、そういった時は水の出口を壁に向けるなどの工夫が必要となります。


おすすめアクアリウム用品通販サイト
メダカの臭い対策!お部屋が生臭い時にやる事!


関連記事

Top