menu

メダカの飼育法~初心者の飼い方~

キフォフォルスの仲間

キフォフォルス・ピグマエウス

全長:3センチメートル
分布:メキシコ
水温:23度~28度
水質:中性~弱アルカリ性
メキシコのアクストラ川に生息する名前の通り可愛らしい容姿をした卵胎生メダカの仲間です。ただし、デリケートで飼育の難易度は高く産仔数も少ないため上級者向けの魚だといえます。また、通常の観賞魚輸入ルートから入荷してくることはほとんどなく、欧州からのプライベートルートで入手する以外にはあまり見かける機会もないといえます。

キフォフォルス・ネサウアルコヨトル

全長:5センチメートル
分布:メキシコ
水温:23度~28度
水質:中性~弱アルカリ性
メキシコのタマシ川に生息する卵胎生メダカの仲間です。現地ではとても澄んだ水に暮らしているため、飼育にあたっては亜硝酸濃度を低く保つよう留意する必要があります。その点さえ気をつければ飼育・繁殖は容易であるといえるでしょう。過去にはかなりの数輸入されていたようですが、最近では入荷量が減っておりあまり見かけることがなくなってしまった魚です。

キフォフォルス・モテズマエ

全長:6センチメートル
分布:メキシコ
水温:23度~28度
水質:中性~弱アルカリ性
グレーをベースとした体色にグリーン系の差し色と黒いスポットが入る美しい卵胎生メダカです。最大の特徴は尾びれのソードテールで体長の半分近くを占めます。とても迫力のある外見から付けられたモテズマエの名はアステカの王に由来しています。飼育・繁殖ともに難易度は高くなく、初心者でも飼育を楽しむことができますが、輸入量が少ないためにあまり見かけることはないでしょう。

キフォフォルス・クレメンシアエ

全長:5センチメートル
分布:メキシコ
水温:23度~28度
水質:中性~弱アルカリ性
ブルー地にレッドの細い縞が入るとても美しい卵胎生メダカです。尾ビレはソードテールの形状をしており、黄色に黒い縁取りがされた特徴ある色彩を持ちます。非常にデリケートなため飼育はやや難しいですが、欧州では熱心な愛好家により累代飼育がされています。

キフォフォルス・アルバレジィ

全長:6.5センチメートル
分布:メキシコ
水温:23度~28度
水質:中性~弱アルカリ性
オスの尾ビレの下部は長く伸長し、ソードテールとなります。体色は上半分がグリーン系、下半分がブルー系に染まり、その中央を赤く細いラインが一本貫くというとても美しい卵胎生メダカです。大変魅力的な魚なのですが、残念ながら入荷量が少なく、一般的な商業ルートにのることはほとんどありません。

キフォフォルス・アンダーシィ

全長:4センチメートル
分布:メキシコ
水温:20度~27度
水質:中性~弱アルカリ性
メキシコのアトヤック川に生息する卵胎生メダカでヴァリアトゥスの近縁種にあたります。ソードテールは大変短く若干尾ビレの下部分が尖る程度です。体色も地味なためあまり目立つ魚ではありません。商業ルートにのることもほとんどなく手に入れる機会はほとんどないといえます。飼育方法や難易度はヴァリアトゥスに準じます。

キフォフォルス・キフィディウム

全長:4センチメートル
分布:メキシコ
水温:20度~27度
水質:中性~弱アルカリ性
独特の丸みを帯びた体型が可愛らしく、人気のある卵胎生メダカです。キフォフォルスの仲間ではソードテールやプラティ以外では一番ポピュラーな魚と言えるでしょう。飼育・繁殖ともに容易ですが改良品種と比べ原種は若干デリケートな面があるので注意が必要です。

キフォフォルス・コーチアヌス

全長:3センチメートル
分布:メキシコ
水温:20度~27度
水質:中性~弱アルカリ性
アクストラ水系に生息する名前の通り、可愛らしい印象の卵胎生メダカです。上品な美しさのある魚ですが、大変デリケートで飼育・繁殖ともに難しいため一般的な観賞魚の輸入ルートにはほとんどのることがありません。


おすすめアクアリウム用品通販サイト
メダカの臭い対策!お部屋が生臭い時にやる事!


関連記事

Top