menu

メダカの飼育法~初心者の飼い方~

ネオヘテランドリアとブラキラフィスの仲間

ネオヘテランドリア・エレガンス

全長:3センチメートル
分布:コロンビア
水温:20度~27度
水質:中性~弱アルカリ性
原種の卵胎生メダカとしては珍しく流通量が多く、足しげく熱帯魚店などに通っていれば入手の機会はそれほど少なくない魚です。名前の通り大変美しい色彩をしており、オレンジ系のゴールドが入った黒いストライプ模様が特徴的です。光の当たり方によっては、薄くパープル系の色も入るなど美しく体色が変化します。原種のワイルド個体だけでなく養殖された個体も出回りますから入手は難しくありません。飼育も特に難しいことはありませんが、小型種ですので混泳させる際は注意が必要です。

ネオヘテランドリア・カナ

全長:3センチメートル
分布:パナマ
水温:20度~27度
水質:中性~弱アルカリ性
名前の通り、ネオヘタランドリア・エレガンスと同属の卵胎生メダカです。こちらはほとんど流通しておらず、熱帯魚店などでも見かけることは皆無と言っていいほどです。体色は地味ながらも落ち着いた美しさがあり、全体的に透明感のあるオリーブ色で、黒いストライプが何本か入ります。また、アフリカン・ランプアイのように目が美しく輝く点も大きな特徴と言えるでしょう。飼育はエレガンス同様難しくありませんが、前途した通り、入手する機会がほとんどないのが残念なところです。

ブラキラフィス・ロゼニィ

全長:5センチメートル
分布:コスタリカ・パナマ
水温:20度~27度
水質:中性~弱アルカリ性
ブラキラフィス属の仲間は地味な体色の原種が多いですが、このロゼニィは「バラのような」という名前の通り、とてもカラフルな色彩をしています。体前半は黄色がかったシルバー、体後半は更にブルー系のメタリックなカラーが入ります。また、背びれは中心が黄色、その外側がオレンジ、そして黒い縁取りとなります。入荷量は少なくあまり手に入れる機会はありませんが、極稀にまとまった量が入荷することがありますので、欲しい方はタイミングが合った時に是非購入しておきましょう。飼育はやや難易度が高く、デリケートな魚ですので、良い水質を保ち、水草を多く植えるなどした落ち着いた環境を用意するようにしましょう。

ブラキラフィス・エピスコピィ

全長:4センチメートル
分布:ベネズエラ
水温:20度~27度
水質:中性~弱アルカリ性
ロゼニィと同じく、ブラキラフィス属の仲間でとてもカラフルな体色を持つ卵胎生メダカです。体色はロゼニィと比較してやや濃く、体前半の黄色や、後半のブルー系ともにメタリックとてとても色鮮やかです。サイズ的にはロゼニィよりも少し小型でその分色が濃縮されたような印象を受ける魚です。本種も極稀ではありますが、少量が市販ルートにのることがありますので愛好家は見かけた時に必ず購入すべきでしょう。水質の変化にうるさく、飼育はあまり容易とは言えません。性格も他の魚との協調性に欠けるところがありますので混泳させる場合は注意が必要となります。


おすすめアクアリウム用品通販サイト
メダカの臭い対策!お部屋が生臭い時にやる事!


関連記事

Top