menu

メダカの飼育法~初心者の飼い方~

ポエキリアの仲間

ポエキリア・スカルプリデンス

全長:3センチメートル
分布:ブラジル
水温:23度~28度
水質:中性~弱アルカリ性
体側の黒く太いラインと背びれの黄色い斑点がポイントの可愛らしいメダカです。飼いこむことによってだんだんと深い色味へと変化していきます。ただし、入荷量は大変少なくほとんど流通していませんので手に入れるのは難しい状況です。飼育や繁殖についてはミクロポエキリア・ピクタなどと同様で問題はありません。

ポエキリア・カウカナ

全長:4.5センチメートル
分布:中南米
水温:23度~28度
水質:弱アルカリ性
比較的多くの地域変異の見られるメダカで背びれが赤くなるレッドタイプと、黄色が強くなるイエロータイプに大別されます。色彩は全体としては地味ですが、この背びれがポイントとなって愛嬌のある姿をしています。飼育はとても容易ですが汽水を好む傾向があるため他の混泳魚との兼ね合いを考えながら少し塩分の入った飼育水を用意すると良い状態をキープできるでしょう。

ポエキリア・オーリィ

全長:5センチメートル
分布:メキシコ
水温:23度~28度
水質:中性~弱アルカリ性
モーリーの仲間の原種はほとんど熱帯魚店などで見かけることはありませんが、オーリィーに関してはヨーロッパからの繁殖固体が数多く流通しています。あまり派手なメダカではありませんが、全体的に青みがかったグリーンの落ち着いた美しさのある魚です。飼育・繁殖ともに容易です。ちなみに改良品種のリバティー・モーリーとよく混同される場合がありますが、別種ですので入手の際はその点も注意が必要です。

ポエキリア・ヴィヴィパラ

全長:5センチメートル
分布:南米
水温:23度~28度
水質:弱アルカリ性
オス・メスともに体の中央に黒い大きめのスポットが一つ入るのが特徴のメダカです。純淡水域から汽水域にまで広く分布しているので、個体群によって大きさが異なります。植物性の餌を多めに与えるのが飼育のコツで難易度は若干高めといえます。

ポエキリア・スフェノプス

全長:5センチメートル
分布:アメリカ南部・コロンビア
水温:23度~28度
水質:中性~弱アルカリ性
有名なブラック・モーリーといった改良種の原種にあたる卵胎生メダカです。飼育はいたって容易でたんへん食欲があるため他の魚があまり食べない藻類なども食べます。水温にも幅広く適応することが可能で、北海道の温泉地に定着したものまでいるようです。コクチモーリーという和名もあります。


おすすめアクアリウム用品通販サイト
メダカの臭い対策!お部屋が生臭い時にやる事!


関連記事

Top