menu

メダカの飼育法~初心者の飼い方~

その他のメキシコ産卵胎生メダカ

ソードテール

全長:7センチメートル
分布:メキシコ
水温:23度~28度
水質:中性~弱アルカリ性
昔から大変人気のある魚でグッピーとともに卵胎生メダカの代表格といえるでしょう。たくさんの改良品種もあり色彩がとても豊富です。飼育・繁殖は容易でどこの熱帯魚店でも見られるほど入手は簡単です。一度子供を産んだメスがオスに性転換することがあるという特徴を持っています。

ヴァリアトゥス

全長:5センチメートル
分布:メキシコ
水温:23度~28度
水質:中性~弱アルカリ性
改良品種が多くとても美しいヴァリアトゥスですが、原種にも独特の雰囲気があり人気の高い卵胎生メダカです。飼育・繁殖ともに容易で、性格が温厚なため混泳にも向きます。ポピュラーな種なので熱帯魚店などで簡単に手に入れることができるでしょう。

プセウドキフォフォルス・ピマクラータ

全長:8センチメートル
分布:メキシコ・ベリーズ・ホンジュラス・グアテマラ
水温:20度~27度
水質:弱アルカリ性
大型の卵胎生メダカで、ドワーフ・モスキートフィッシュと同属として扱われることもありますが、こちらはメスの体長が10センチを超える場合もあります。名前のピマクラータとは尾ひれの根元にある、眼状斑がその由来となっています。このアイスポットが本種の最大の特徴とも言えるでしょう。体色は全体的に派手さはないものの、体側中盤から後半にかけてグラデーション状にグリーン系が濃くなる落ち着いた美しさを持っています。とても丈夫な魚なので飼育は難しくありませんが、活動的で体も大きいため大型の水槽が必要になります。また、気性が荒いので混泳させる場合は、他の魚に危害が及ばないよう注意する必要があります。

ポエキリプシス・グラキリス

全長:5センチメートル
分布:メキシコ
水温:20度~27度
水質:中性~弱アルカリ性
ポエキリオプシス属の仲間はどれも外見が似ているためとても識別が難しいとされています。このグラキリスについても文献によって体色や色彩が異なっていることが多く、地域変異などの可能性も考えられるためなかなか種類を断定するのは難しいようです。体色は基本的にブルーベースのメタリックな美しい魚で、黒、もしくは濃い藍色の大きめなスポットがいくつか縦に入ります。入荷量は少なく、時折ヨーロッパからの養殖個体が入荷する程度ですので手に入れる機会はあまりないといえるでしょう。飼育・繁殖は容易な部類に入る卵胎生メダカです。

フレキシペニス・ビッタートゥス

全長:4センチメートル
分布:メキシコ
水温:20度~27度
水質:中性~弱アルカリ性
メキシコのベラクルス州を原産とする小型の卵胎生メダカです。ブルーをベースとしたからだに真っ直ぐ太めの黒い直線が入ることと、背びれだけが鮮やかなレモン色に染まるのが特徴です。過去には東南アジア産の養殖個体が頻繁に入荷していた時期もありましたが、最近ではあまり見かけられなくなっています。飼育や繁殖はあまり難しくなく、外見的にもお洒落で人気のある種ですから再度の普及が望まれるところです。


おすすめアクアリウム用品通販サイト
メダカの臭い対策!お部屋が生臭い時にやる事!


関連記事

Top