menu

メダカの飼育法~初心者の飼い方~

イリオドンとカラコドンの仲間

イリオドン・ザントゥシィ

全長:8センチメートル
分布:メキシコ
水温:20度~25度
水質:弱アルカリ性
イリオドン属の仲間は中型から大型まで成長する種が多く、数種類の存在が知られていますが養殖された個体が商業ラインにのって入荷してくるのはほとんどがザントゥシィです。とても闘争性が強く、愛好家ですら敬遠気味であるほどです。このような理由であまり飼育はされていませんが、状態の良い個体は各ヒレがとても美しい黄色に染まり、また体もメタリックなブルーに黄色のさし色が入って鮮やかに輝きます。飼育・繁殖は比較的容易ですが水槽は大きめの物を用意するようにしましょう。

イリオドン・ホワイティ

全長:7センチメートル
分布:メキシコ
水温:20度~25度
水質:弱アルカリ性
イリオドン属の特徴であるやや細身の体型をしており、体側にはオス・メス共に暗色のラインがはしります。押すの尾びれには不規則にマーブル状の模様が入ります。色彩的には地味であまりパッとしない印象を受ける真胎生メダカの仲間ですが、状態が良い場合は押すの体側後半部分が美しいイエローに染まります。水温が上がりすぎないよう気をつければ飼育はさほど難しくありませんが、やや気性が荒い面がありペアで飼育している際にはメスがオスに追われた場合に逃げることができるよう広めのスペースが必要となります。

カラコドン・ラテラリス

全長:5センチメートル
分布:メキシコ
水温:20度~25度
水質:弱アルカリ性
カーキ色をベースに黒い斑点が体表に入ります。各ヒレが臙脂色に染まりとても美しい真胎生メダカです。婚姻色となってオスは体が真紅に輝き特に鮮やかです。いくつかの地域変異が知られており、マニアの間では地域ごとの累代飼育も行われているようです。養殖された個体がまれにヨーロッパから入荷しています。人気も高くこのグループの最高峰的存在として存在しています。グーデア科全体に言えることですが、彼らの生息地は熱帯性といえでも標高が高く、高い水温に弱いという特徴があります。飼育の際は特に夏場の高温への対処が一番の課題となるでしょう。また、本種は水質にうるさく飼育難易度は高いといえます。亜硝酸濃度を低く抑え、硬度の高い清涼な水を常に用意して飼育しましょう。

カラコドン・アウダックス

全長:4センチメートル
分布:メキシコ
水温:20度~25度
水質:弱アルカリ性
比較的最近になって認知された種類の真胎生メダカです。シルバーメタリックな体と黒く染まった各ヒレからどことなくパンダのような印象をうけます。ラテラリスと比較すると飼育は容易ですが、高水温に弱いという特徴は同じです。


おすすめアクアリウム用品通販サイト
メダカの臭い対策!お部屋が生臭い時にやる事!


関連記事

Top