menu

メダカの飼育法~初心者の飼い方~

スキフィアとカパリクティスの仲間

スキフィア・ムルティプンクタータ

全長:5センチメートル
分布:メキシコ
水温:20度~25度
水質:弱アルカリ性
滑らかなシルバーをベースに不規則なマーブル模様が入り、背びれは腹ビレがハイフィン状に伸びるとても印象的な真胎生メダカです。スキフィア属は数種の存在が確認されていますが、現在通常の観賞魚用ルートで輸入されているのはスキフィア・ムルティプンクタータのみであるようです。ただ、本種についてもその量は決して多いとは言えず、入手は困難といえるでしょう。外見的には可愛らしい印象を受けますが同種間の協調性が悪く、飼育はやや難しい部類に入ります。

スキフィア・ビリアネータ

全長:5センチメートル
分布:メキシコ
水温:20度~25度
水質:弱アルカリ性
ムルティプンクタータに似ていますが、やや細身な体型をしています。2本のラインが体側に入ることが「ビリアネータ」の由来となっていますが、そのラインはやや不明瞭でいまひとつはっきりしません。印象としては地味な真胎生メダカの一種ですが、光の加減によって体がキラキラと輝き水草によく映えます。一時期、商業的な輸入がまとまった量あったようですが現在ではほとんど見かける機会が無くなってしまいました。飼育・繁殖はムルティプンクタータに準じるため、難しい部類に入るといえます。

スキフィア・レルマエ

全長:4センチメートル
分布:メキシコ
水温:20度~25度
水質:弱アルカリ性
スキフィア属の仲間は背びれと腹ビレが伸長した独特フォルムが愛くるしく、グーデア類の中ではとても人気があります。しかし、その姿とは対照的に性格は非常に闘争性が高く、飼育する際にはテリトリーをもてるとうに十分な広さの水槽を用意しなければなりません。スキフィア・レルマエは日本国内でもブリードされており、熱帯魚店などで見かける機会も増えてきています。水温を極端に上げない限りは特に問題は起こりにくいですが、高地産のグーデアの常として可能なかぎり涼しい飼育環境を用意してやりたいところです。

カパリクティス・パルダリス

全長:6センチメートル
分布:メキシコ
水温:20度~25度
水質:弱アルカリ性
カパリクティス属の真胎生メダカはメタリックな輝きのあるシルバーの地色にブラックスポットが入る体色が特徴です。他のグーデア類の多くと同様にメキシコ高地独特の草原地帯を流れる細流やそれに連なる湖のような場所に生息しています。水温は高くとも25度程度を上限とし、水草が多く茂った水槽で飼育するのが良いでしょう。あまり一度に大量の水を交換してしまうと体調を崩すことがあるのでこまめに少しずつ水換えをする必要があります。産仔数が極端に少なく一度に10匹程度しか産まないことも特徴の一つです。


おすすめアクアリウム用品通販サイト
メダカの臭い対策!お部屋が生臭い時にやる事!


関連記事

Top