menu

メダカの飼育法~初心者の飼い方~

メキシコ高原に住む真胎生メダカ

アロドンティクティス・フブシィ

全長:6センチメートル
分布:メキシコ
水温:18度~23度
水質:弱アルカリ性
アロドンティクティス属の中ではかなり最近になって発見された種類の真胎生メダカです。ブラウンがかったシルバーの体表に不規則な縞模様が入ります。あまり派手な印象は受けない魚ですが、落ち着いた美しさがあります。アロドンティクティス属の魚は同種間においても闘争性がかなり強く、飼育する際にはかなり大きめの水槽が必要になります。それぞれが縄張りをきちんと持てるように注意が必要となるでしょう。また高い水温に弱いため夏場は特に温度管理を厳密に行う必要があります。

アロファルス・ロブストゥス

全長:6-17センチメートル
分布:メキシコ
水温:20度~25度
水質:弱アルカリ性
アロルファス属の仲間はグーデア類の中でもかなり大きく成長します。アロファルス・ロブストゥスもメスは20センチ弱にまで成長し、オスとの体長差も一つの特徴となっています。外見はどことなくパーチに似た印象があり、その外見からも想像できる通りかなりアグレッシブな性格をしています。水槽は相当に大きな物を用意しゆったりと飼育する必要があります。それ以外の点については他のグーデアの仲間と同様の飼育方法で構いませんが、観賞魚としてはまだ歴が浅く知見が蓄積されていない魚といえます。

アロトカ・ドゥゲシィ

全長:6センチメートル
分布:メキシコ
水温:20度~25度
水質:弱アルカリ性
全体的に丸っこい体型が特徴の真胎生メダカの仲間です。成長したオスは光の角度によってメタリックな光沢のある独特の美しさを持ちます。メスの色味も特徴的であり、腹部には横縞が入り腹部下側は状態によって漆黒に染まります。あまり輸入量は多いとは言えず、国内に導入された魚の繁殖個体が極稀に出回る程度です。飼育は難しくはありませんが気難しいところもあり、累代飼育は容易とは言えないでしょう。やや低めの水温が適しており、夏場の高温には特に気を配る必要があります。

クレニクティス・バイレイィ

全長:9センチメートル
分布:メキシコ
水温:18度~23度
水質:弱アルカリ性
他のグーデア類と比べると若干顔の先端が尖ったような印象を受ける魚です。薄い茶色をベースとして側線に沿って太い縦縞が入るのが特徴です。状態の良いオスは体色がやや爬虫類的な雰囲気のあるマラカイトグリーンに変化し他の魚にはあまり見られないとても魅力的な姿となります。ややデリケートな性質で、飼育は難しいですがそれを補って余りある魅力がありますから是非飼育してみたい真胎生メダカと言えるでしょう。飼育する際は他のグーデア類に準じますが特にキレイな水質を心がけるようにしましょう。


おすすめアクアリウム用品通販サイト
メダカの臭い対策!お部屋が生臭い時にやる事!


関連記事

Top