menu

メダカの飼育法~初心者の飼い方~

ガボン・カメルーンのカダヤシ科卵生メダカ

ガボン・カメルーンのカダヤシ科卵生メダカ

プラタプロキス・ロエメンシス

全長:6センチメートル
分布:ガボン
水温:22度-27度
水質:弱酸性-中性
かなり体高のあるメダカです。体の上下が青く発色し、大変人気の高い魚でもあります。飼育は難しくありませんが入荷量は少ないようです。水の汚れに注意しこまめに水換えするなどしていれば繁殖させることも可能です。

プラタプロキルス・ミムス

全長:5センチメートル
分布:ガボン
水温:22度-27度
水質:弱酸性-中性
雄は雌に比べ美しく、金属のような光沢のある青い体色をしています。各ヒレが黄色いことからイエローフィン・ランプアイとの英名を持ちます。他のプラタプロキルス属の仲間と同様、尾びれの上だけが伸長するという特徴があります。

プラタプロキス・ガエンシス

全長:5センチメートル
分布:ガボン
水温:22度-27度
水質:弱酸性-中性
二本の青いラインが透明感のある体に入る美しいメダカです。飼育は若干難しく、新しく流れのある水が必要となります。

プラタプロキルス・カビンダエ

全長:5センチメートル
分布:ガボン
水温:22度-27度
水質:弱酸性-中性
ガエンシスによく似ていますが、ブルーの入り方が若干異なります。状態によって黒い色彩が尻びれ根元付近に入ることがあります。ガエンシスと同様の環境で飼育できますが、入荷量は大変少ないので手に入れるのは困難です。

プロカトーパス・シミリス

全長:6センチメートル
分布:カメルーン
水温:22度-27度
水質:弱酸性-中性
美しい光沢のあるブルーの体色から観賞用として大変人気が高い魚です。他国でブリードされた個体だけでなく現地採集魚も稀に入荷されるようです。生息地ごとにコレクションする愛好家も多く、群れで泳ぐ姿は壮観です。繁殖はやや難しく、クラック・スポウナーであるため流木や岩の裂け目などに卵を産み付けます。

プロカトーパス・ノトタエニア

全長:6センチメートル
分布:カメルーン
水温:22度-27度
水質:弱酸性-中性
以前は日本で見かけるのは大変稀でしたが、最近は輸入量が増えポピュラーな種類となってきました。飼育は難しくありませんが、驚くなどして口先をぶつけ、ケガをしてしまうとそこから病気に感染してしまうことが多いため注意が必要です。

プロカトーパス・アベランス

全長:6センチメートル
分布:カメルーン
水温:22度-27度
水質:弱酸性-中性
グラキリスとも呼ばれることの多いメダカです。主にヨーロッパで繁殖された個体が輸入されているようです。やや細身で透明感のあるブルーの体色は大変美しく、状態によってはヒレは赤みがかります。食欲旺盛で新しい水を好む特徴があります。

ミクロパンチャックス・スケーリ

全長:3.5センチメートル
分布:カメルーン
水温:22度-27度
水質:弱酸性-中性
以前はアプロケイリクティス属に属していましたが、現在はミクロパンチャックス属に属しています。特徴は長い腹ビレで成熟した個体では尾びれにまで達することがあります。あまり輸入量は多くなく、見かけるのは稀なメダカです。

ポロパンチャックス・スティグマトピグス

全長:3センチメートル
分布:カメルーン・ガボン
水温:23度-28度
水質:弱酸性-中性
ポロパンチャックス・ルクソフタルムスに似ていますが、排泄口の付近にある小さな黒いスポットによって容易に識別できます。飼育や繁殖についてはアフリカン・ランプアイと同様で比較的容易です。


おすすめアクアリウム用品通販サイト
メダカの臭い対策!お部屋が生臭い時にやる事!


関連記事

Top