menu

メダカの飼育法~初心者の飼い方~

夏場のメンテナンス

厳しい夏の暑さ対策

自然の川や池で生きるメダカやスイレンにとっては冬が一年で最も厳しい季節かもしれませんが、人工的な環境であるミニ・ビオトープで暮らすメダカやスイレンなどにとってはもしかすると夏場が一番厳しい季節なのかもしれません。ミニ・ビオトープの水量はやはり自然の川や池と比べると圧倒的に少なく、流れもありませんから水温が高くなりやすいのです。特に直径が35センチから45センチ程度の小さなスイレン鉢でメダカを飼育している場合は酸欠に注意する必要があります。夏に気温が高くなりすぎると、水中に溶けていられる酸素の量がとても少なくなってしまいます。酸素不足によるメダカの死亡を防ぐためにも夏場は特に酸欠のような症状(水面で口をパクパクさせる)をメダカが見せていないかに注意を払う必要があります。また、容器のサイズが大きくてもメダカの数がとても多い場合はやはり酸欠になりやすい環境と言えますから、繁殖などして数が増えた場合は別の容器へと移すようにしましょう。

酸欠に注意

メダカたちの様子から酸欠が疑われる場合は、エアポンプを使用して軽くミニ・ビオトープ内にエアレーションをしてあげましょう。軽くエアレーションするだけでも酸欠状態はすぐに拐取されるはずです。また、酸欠にさえなっていなければメダカは昼間の数時間に限り最高37度程度まで耐えられるようです。ただし、そこまで上昇すると産卵は期待できなくなってしまいますので、あまり高温になりすぎる場合は日中ある程度日陰になるような場所に設置場所を移動させたり、ヨシズなどを使って日陰を作るなどして調整してあげましょう。

アオミドロを取り除こう

スイレン鉢のような比較的容量の小さな容器に作られたミニ・ビオトープではどうしても水質的に栄養過多状態となってしまい、各種のコケからなるアオミドロが大発生しやすくなります。小さなスイレン鉢の中にはコケの成長に必要な各種の栄養分が大量に存在し、同時に光合成に必要となる日光もたくさん浴びることができます。アオミドロの繁殖力はひじょうに強くものすごい速さで成長してしまうのです。濾過装置がついていないミニ・ビオトープではアオミドロ対策としてできることは限られています。たとえば、メダカに与えるエサを少な目にして水質の栄養過多状態を少しでも防いだり、水替えを数日おきに実施する等です。ただし、それもあくまで対処療法でなかなかアオミドロの発生を確実防ぐことは難しいですから、アオミドロが目立ってきた場合はできるだけ早く魚網や大き目のピンセットで絡め取って除去するようにしましょう。


おすすめアクアリウム用品通販サイト
メダカの臭い対策!お部屋が生臭い時にやる事!


関連記事

Top