menu

メダカの飼育法~初心者の飼い方~

メダカ飼育のコツ

メダカ飼育のための4つのポイント

小学生でも上手に飼育していることもあるメダカですが、いざ自分が飼ってみようとなると意外と上手く飼えなかったりするのが不思議なところです。メダカの飼育は本来それほど難しいものではないはずで、子供からお年寄りまで簡単に世話のできる魚なのです。それでも実際の飼育では大人が飼育しても次々と死なせてしまうケースがよくあるわけで、それは次の4つのポイントをきちんと押さえられていないからだと考えられます。一つ目はメダカを水槽に入れすぎない。2つ目は餌をたくさんやりすぎない。3つ目は水質の状態に気を配る。最後の4つ目がかまい過ぎない。この4点がしっかり守られていればそうは簡単に失敗しないはずなのです。

メダカをたくさん入れすぎない

狭い容器への入れすぎは、メダカを短命にしてしまう大きな原因となります。メダカの数が多いと水中の酸素が不足してしまいますから病気や怪我にも弱くなってしまうのです。メダカが消費する酸素の量が、水中に溶け込んでいる酸素の量を上回ってしまえばメダカは正常に生きることができなくなってしまいます。目安としては30センチ水槽で6匹くらい。40センチ水槽なら10匹くらいが理想と言えます。少し少な過ぎると感じるかもしれませんが、多いよりは少ない方が確実にメダカは長生きします。

餌をやりすぎない

メダカ飼育で失敗してしまう大きな理由として餌の与えすぎもあげられます。少ないよりはいいだろうとついたくさんの餌を与えてしまうわけですが、メダカは胃がありませんから食いだめというものが出来ません。したがって一日何度かにわけて、数分で食べ切ってしまう分だけの餌を与えなければならないのです。食べ残した餌は水底にたまり水質悪化の原因になりますし、食べさせ過ぎはメダカが消化不良を起こし病気になってしまうこともあります。良質な餌を少なめに与えるのがコツといえるでしょう。

水質の悪化に注意する

水槽内の水質には常に気を配り、早め早めに対処するようにしましょう。水質悪化を判断する一番簡単な方法は水の濁りです。フンや食べ残しによって水質が悪化してくると悪性の微生物がどんどん増えてきます。その事により水が白濁し、透明度が悪化してくるのです。また、メダカの動きを普段からよく観察してくると、少し元気が無くなってきたり、水面で口をパクパクさせるような動きに気付くはずです。水質改善の一番効果的で手っ取り早い方法は水換えですから、このような異常が認められた場合は早めに水換えを行うようにしましょう。

かまい過ぎない

メダカもずっと飼育されていると、飼育者になついてきます。飼育者からしてもますます可愛く感じられるのでつい餌を与えすぎたり必要以上に構いすぎてしまってメダカにストレスを与えてしまいます。ですが、メダカにとってはストレスも蓄積すれば寿命に大きな影響を与えます。可愛がりたい気持ちはとてもよくわかるのですが、必要以上に構いすぎるのは控えるようにしましょう。


おすすめアクアリウム用品通販サイト
メダカの臭い対策!お部屋が生臭い時にやる事!


関連記事

Top