menu

メダカの飼育法~初心者の飼い方~

国内の地域個体群

オリジアス・ラティペス

日本のメダカの学名は、オリジアス・ラティペスといいます。オリジアスには現在20種類の魚が知られていますが、その多くは東南アジアの熱帯域にのみ分布しており、熱帯から温帯にかけて広く分布する種はこのラティペスのみです。すなわりラティペスは南から北へと地理的分布域を拡大した唯一のメダカといえるのです。日本国内におけるラティペスの分布北限は下北半島。南限は沖縄本島です。DNAの研究から、国内のラティペスは青森から京都にかけての日本海側に分布する「北日本系統群」と岩手以南東日本の太平洋側および西日本に分布する「南日本系統群」の2グループに大別されることが知られており、両者は400から600万年前に分岐したと考えられています。ヒトとチンパンジーの分岐年代が400から500万年前だということを考えると、両グループ間の遺伝的な隔たりの大きさが想像できることでしょう。これはまた、大陸から日本列島に侵入した集団が地理的に二分され、それぞれが互いに交流することなく分布を拡大したか、あるいは日本への侵入と分布拡大というイベントが過去2回にわたって起こったかということを示しています。

二つの系統群

両系統群内でも、地域個体群間で大きな遺伝的変異が存在します。南北に細長い日本列島で分布を拡大していく過程で、各生息域の気候環境に対して、地域個体群が様々な適応進化を遂げてきたことが、研究者達の努力によって近年明らかになってきました。まず、野外調査の結果、日本に分布するラティペスは、どの地域個体群でもその生活史はほぼ1年で完了する「年魚」であることがわかりました。そこで、青森から沖縄にかけての様々なラティペスを採集し、実験室内で成長や繁殖の特性を比較したところ、高緯度の地域個体群ほど
①稚魚期の成長は速いが成熟が遅い
②いったいん成熟するとほとんど成長しない代わりに大量の一腹卵を生み出す個体が多い
という傾向があることがわかりました。これらはいずれも高緯度の時間的制約(夏の短さ)に対する適応を反映していると考えられます。すなわち北国では成長に適した期間が短いので、孵化後は成熟を遅らせてでもとにかく成長に専念し、冬の到来前に大きな体のサイズに成長し冬を乗り越える力を手に入れたほうが自然淘汰されていく中で有利になります。また同様に北国は繁殖に適した期間も短いですから、成熟後は水からが大きくなることを犠牲にしてでも卵の生産に専念した一粒でも多くの卵を子孫を残すような個体がやはり有利となるのです。このように狭い日本の中であってもその環境に適した特性を持った群のみが生き残り、それぞれのDNAは脈々と受け継がれているのです。


おすすめアクアリウム用品通販サイト
メダカの臭い対策!お部屋が生臭い時にやる事!


関連記事

Top