menu

メダカの飼育法~初心者の飼い方~

アルゼンチン・ウルグアイのリヴルス科卵生メダカ

アルゼンチン・ウルグアイのリヴルス科卵生メダカ

アウストロレビアス・ベロッティー

全長:7センチメートル
分布:アルゼンチン
水温:20度前後
水質:弱酸性
本種もアルゼンチンパールフィッシュと呼ばれてきましたが、日本ではどちらかというとニグリニニスのことを指し、本種と区別しています。淡いブルーにパールスポットが散りばめられた体色がとても美しいメダカです。低温でじっくり飼育すると驚くほど濃く発色するという報告もあるようです。

アウストロレビアス・エロンガートゥス

全長:15センチメートル
分布:アルゼンチン
水温:15度-20度
水質:弱酸性
アウストロレビアスの仲間では最大となるメダカです。濃いグレーに包まれた頑強そうな印象を受ける魚で目はオレンジ色に輝きます。比較的低水温を好み餌は生きた小型の魚やエビなどを食べます。

アウストロレビアス・ニグリピニス

全長:5センチメートル
分布:アルゼンチン・ウルグアイ
水温:20度-25度
水質:弱酸性
アルゼンチン・パールフィッシュの名で古くから知られる人気のメダカです。卵生メダカの代表的な種類の1つであり、濃い藍色の体に散りばめられたパールスポットがとても美しいです。ブリードされた個体が頻繁に輸入されているため入手も難しくなく、飼育・繁殖ともに容易です。

アウストロレビアス・アレキサンドリィ

全長:5センチメートル
分布:アルゼンチン・ウルグアイ
水温:20度-25度
水質:弱酸性
状態の良い雄は全身が淡いブルーに染まり大変美しくなります。また興奮した時などは縦縞が入ることもあります。最近ではアルビノ品種も作出されており白い体に透明感のあるブルーの各ヒレが妖精のような美しさを演出しています。

アウストロレビアス・サルビアイ

全長:5センチメートル
分布:ウルグアイ
水温:20度前後
水質:弱酸性
全身が淡い青に染まり、体側には薄く縞模様が入るメダカです。飼育は比較的容易ですが、繁殖は難しい部類に入るでしょう。

アウストロレビアス・プログナサス

全長:15センチメートル
分布:ウルグアイ
水温:15度-20度 
水質:弱酸性
成長した個体はブラックバスのような逞しい印象を受けるメダカです。肉食性が強く餌には大量の小魚が必要になるので飼育には覚悟が必要です。稚魚の成長は目覚しくものすごいスピードで大きくなります。

アウストロレビアス・ヴァズフェレイライ

全長:10センチメートル
分布:ウルグアイ
水温:15度-20度
水質:弱酸性
やや大型の魚で、成熟した個体は重厚感のある表情を見せます。体側は光の具合によって美しく青緑色に輝きます。大きめの水槽でゆったりと飼育すると、本来の魅力を堪能することができるでしょう。餌の量が多いため水質の悪化には注意が必要です。


おすすめアクアリウム用品通販サイト
メダカの臭い対策!お部屋が生臭い時にやる事!


関連記事

Top