menu

メダカの飼育法~初心者の飼い方~

交配させよう

親になるメダカを選ぶ

メダカの繁殖に必要な手順を踏んで、メダカを増やしていきましょう。まず、親にしたいメダカのオスとメスを産卵用の水槽に入れます。親メダカは病気がなく、体の色ツヤのいい、元気なメダカを選びましょう。1種類のメダカを増やしたいのであれば、オスもメスも同じ種類のメダカを選んでください。同じメダカを交配させないと、生まれてきた子メダカは雑種となり、何のメダカかわからなくなるからです。数日待っても交配しない場合は、オスとメスの相性が良くないのかもしれません。そんなときは、オスとメスの組み合わせを変えてみるといいでしょう。また、親メダカはオス1匹に対してめす2匹の割合が理想的です。

交配についての豆知識

いろいろな種類のある日本メダカですが、種類によって繁殖の難易度は若干変わってきます。特に難易度が高いのがダルマメダカで、なかなかたくさんの有精卵を取るのが難しいとされています。その理由は、あのダルマメダカ独特の体型によって泳ぎがあまり上手くないため受精の成功率が他の普通体型のメダカよりも困難であることによるようです。また、日本メダカと海外のメダカの交配は基本的には不可能であるとされていますが、極々稀に成功したという情報もあるようです。東南アジア系のメダカであれば体格的にも日本メダカとあまり差がありませんから可能なのかもしれません。ただし、海外メダカと日本メダカの間にできた子はとても弱いので長生きさせることは困難でしょう。

求愛から産卵まで

オスはメスに引き付けられると、そのあとを追い始めます。メスの真下かうしろに止まり、その後横に並びます。オスはヒレを広げてアピールし、腹ビレは興奮して黒くなります。これがメダカのオスの求愛行動です。次にメダカ達は交尾を行います。メダカは交尾するとき、オスとメスが寄り添い、オスは尻ビレでメスしっかりと抱き寄せます。その後メスが産卵、オスが放精し、卵が受精。産卵はおおむね早朝に行われます。メダカを繁殖させる際にはせっかくですからこの求愛から交尾までの産卵行動を観察してみましょう。産卵行動中のオスは普段と体色が違いますし、繁殖活動がいかにメダカ達にとって大切で特別な儀式なのかが伝わってくるはずです。メダカのメスが産んだ卵はしばらくメスのおなかにくっついたままになっています。卵はやがて水槽の底に落ちるか、メスによって水草に付着させられます。メダカを繁殖させたい場合は、この卵が産みつけられた水草を、孵化用の水槽に移動します。


おすすめアクアリウム用品通販サイト
メダカの臭い対策!お部屋が生臭い時にやる事!


関連記事

Top