menu

メダカの飼育法~初心者の飼い方~

効率的な繁殖と屋外繁殖

効率よく殖やそう

孵化用の水槽にはせいぜい、2週間分の卵を入れるのが限界です。なぜなら最初に産まれたメダカがどんどん大きくなって、後から生まれた仔魚を食べてしまうからです。大きくなったメダカをすくいだして別の水槽に移してもいいのですが、大きい個体のみすくい出すのは意外と難しく、小さな個体も網に入ってしまうことが多いためなかなか難しい作業となります。小さな個体は網によって体表が傷つきやすくあっさりと死んでしまうこともあります。そこで、30センチ程度の小さな水槽を3つ準備しておき、ひとつの水槽に2週間分の卵が入ったら次の水槽に卵を入れるといったように、順繰りに卵を入れる水槽を変えてゆくとよいでしょう。この方法であれば、はじめに卵を収容した水槽で最後に孵化したものも4週間その水槽で生活することになります。このころになると、鱗もきちんとできてスレにも強くなります。こうなれば大きな水槽へ移動しても問題ない状態だと言えます。3つめの水槽がいっぱいになるまでにひとつめを空けておき、再びこの水槽に卵を入れます。この卵および孵化水槽ではスポンジフィルターを用い、底砂は敷かないようにします。砂を敷かないほうが、底にたまった残餌やフンをサイホンやスポイトで吸い取ることができ、こまめに掃除をすれば、水質悪化を防ぐことができます。孵化してから4週間すると餌もかなり活発に食べ、遊泳力も強くなります。ここまで成長すれば親と同様の飼育方法で問題なくなります。ただし、ポンプを使った濾過槽の場合にはまだ吸い込まれる危険がありますから、吸い込み口に細かいメッシュのストレーナーを取り付けたり、水の吐き出し口の流速を落とすような工夫をしましょう。その点、エアリフトを用いたフィルターであれば吸い込まれたり、水に叩きつけられてしまうような心配はありません。

屋外での稚魚の育て方注意点

エサを与える際などは、水草の間に注意してください。よく見ると生まれたばかりの小さな稚魚が泳いでいることがあります。このような稚魚がたまっているような場所に、細かく砕いた人工飼料を少しまいてやると生き残る確立がグンと上がります。また、もう一つの注意点として挙げられるはトンボの存在です。トンボが水面で産卵している姿は優雅で眺めていても飽きないものですが、産みつけられた卵から孵化したヤゴが問題となります。都会でもギンヤンマやシオカラトンボがいつの間にかどこからかやってきて産卵していきます。気付いたらメダカはいなくなって、ヤゴばかりということがよく起こります。すべて駆除する必要もないのですが、なるべくヤゴが発生しないように気をつけましょう。


おすすめアクアリウム用品通販サイト
メダカの臭い対策!お部屋が生臭い時にやる事!


関連記事

Top