menu

メダカの飼育法~初心者の飼い方~

野生メダカの繁殖メカニズム

メダカの繁殖概要

メダカの産卵期は、一般的には春から初夏にかけてです。この時期のメスを早朝に採集すると、腹部に卵をぶら下げているものを見かけることができます。メダカの繁殖期は光周期に支配されていると考えられています。春から夏にかけての長日条件によって、産卵行動が確認されるようになるのです。水温については低水温条件としての臨海温度は約10度と考えられています。自然化でこのような条件を満たすのは、3月下旬から9月上旬にかけてであり、この期間がメダカ達の産卵期にあたるのです。

繁殖のメカニズム

この期間、魚の栄養状態、健康状態が良いとほぼ毎日のように産卵します。この産卵行動に関連した生理学的なメカニズムについても、光周期に支配されているのです。明暗周期によってメダカの体内では松果体や脳下垂体、生殖腺などの内分泌支配による卵成熟や排卵などが生じ、その結果産卵行動に至るのですが、この詳細なメカニズムについては他項に譲るとします。メダカの産卵行動は時間帯的には明け方頃がピークとなります。それまでの間に、メスの卵巣では内分泌支配によって卵母細胞が排卵されます。始めに排卵された卵母細胞を持っているメスにオスが近づき、メスに追従する形で繁殖行動は始まります。オスがメスの下側に入り込むと、メスは頭を上げるような動きをしたり、オスがメスの周囲に回り込む求愛行動をとったりします。オスはやがてメスの側面に並ぶようになり、背ビレと尻ビレでメスを抱え込むような姿勢をとって、小刻みに体を振動させながら水底の方へ降下していきます。この直後に、放卵、放精して受精が行われ、一連の産卵行動は終了するのです。その後メスはしばらくの間、卵を腹部にぶら下げながら泳ぎます。

卵には纏絡糸が

メダカの卵には纏絡糸(てんらくし)と呼ばれる糸状の構造物があることから纏絡卵とも呼ばれます。この纏絡糸には粘着性は無いものの、様々なものに絡みつく性質があります。一般には朝卵を産んだメスは、その日の昼ごとまでにこの纏絡糸を水草などに絡み付け、卵を付着させます。このような卵を産む魚は他に秋刀魚やトビウオが挙げられます。これらの魚類は流れ藻に纏絡糸をからみつけ、卵が深い海の底に沈んでいかないようにしているのだそうです。メダカの場合は、たとえ水草から卵がはずれてしまっても、発生が進んでいれば問題なく孵化することができます。ただし、産卵後比較的早い段階の卵は多くの場合がカビに侵されて死んでしまうこととなります。


おすすめアクアリウム用品通販サイト
メダカの臭い対策!お部屋が生臭い時にやる事!


関連記事

Top