menu

メダカの飼育法~初心者の飼い方~

卵をたくさん産めるワケ

産卵回数の多いメダカ

メダカは栄養状態が良いと毎朝産卵し、そうでなくとも2日から3日に一回は産卵を行います。魚類には、一生涯に1回しか産卵しないサケのような種類と、タナゴのように一生涯に何回か産卵するものがいますが、後者は産卵期に数回に分けて産む種類、メダカのように毎日産卵することが可能な種類に分けられます。これらはそれぞれ、卵巣の構造が大きく異なることが知られています。
①サケのように一生涯に1回しか産卵しない魚類では、卵巣卵が一斉に成熟し、排卵された後に新たな卵母細胞の補充がなされません。
②タナゴのように産卵期に何回かに分けて産卵するタイプでは、産卵期に異なる発達段階の卵母細胞が少なくとも2群以上あります。排卵され、さらに産卵可能な条件であれば、次に控えている卵母細胞が成熟して排卵されます。
③メダカのように毎日産卵する種類では、産卵期の卵巣にはすべての発達段階の卵巣卵が見られ、排卵されるとすぐに次に控えている卵巣卵が排卵され、未熟な卵巣卵は連続的に発達します。メダカの場合には1回の産卵数は5粒から多くても20粒程度と少ないですが、毎日コンスタントに産卵すれば4月から8月いっぱいまでの5ヶ月間で1000個から数千個の卵を産卵する計算になります。しかし実際には栄養条件や水質などが良好でも、繁殖期の後半では毎日産卵しなくなる個体が多いようです。したがって1個体で数百個も産卵すれば多い方といえるでしょう。

孵化

このように産卵された卵は水温25度前後で受精から2日後には眼が観察されるようになり、顕微鏡で見ると血流も確認できます。さらに発生は進み、5日後には胚が卵をほぼ一周するほにまで長くなります。その後胚はさらに伸長し続け、10日ほどで孵化に至ります。この間、卵は水カビにおかされ死んでしまったり、他の生物のエサとなってしまったりすることもあります。さらに卵を産んだ親メダカまでもが、卵を捕食します。メダカの卵にとっての天敵のひとつとして、そのメダカの親も挙げられるのです。メダカの寿命は自然界ではほとんどの場合は産まれた翌年に産卵し、産卵した年の冬を越せずに死んでしまうものが多いとされています。ですから長くても長くても1年半程度、水槽内でも3年程度とメダカはとても短命な魚だといえます。しかし、生まれてから早い段階で繁殖することができ、さらには栄養条件が良ければ毎日産卵することもできます。そのために大量に繁殖することが可能な魚なのです。


おすすめアクアリウム用品通販サイト
メダカの臭い対策!お部屋が生臭い時にやる事!


関連記事

Top