menu

メダカの飼育法~初心者の飼い方~

名前の由来や飼育の歴史

メダカという名前の由来は何なのですか?

メダカはどうしてメダカと呼ばれるようになったのですか?「目が高い」という意味なのでしょうか?私にはそれほど目が高い位置についているようには感じられないのですけど。ちなみに私の出身地(千葉県)では祖父などは、メザッカと呼んでいました。

メダカの意味は目高(メダカ)で、目が頭部の比較的高い位置に付いていることから名付けられたといわれています。確かに水槽を泳いでいる姿を真横から観察すると、名前の由来をすぐに納得できるほど高い位置に目が付いているというわけではありません。しかし、昔の人は水槽でメダカを真横から見て名付けたわけではなく、小川や池の水面をスイスイと群れて泳ぐ様子や、網ですくい上げて地面に横たわる姿を見て、メダカと呼ぶようになったのでしょう。なお、メダカの呼び名は現在では全国で通用しますが、昔はそれぞれの地域で実に様々な名前で呼ばれていたようです。以下に、メダカの面白い地方名をとくにユニークな物を中心に抜粋してみました。
青森県:アソビジャコ 秋田県:アカサンビザッコ 岩手県:キアガリコ 山形県:メダコ 宮城県:アスビザッコ 福島県:ザッコ、ハリミズコ 茨城県:ウキツメコ 群馬県:ウキョンゴ 埼玉県:ウキメンコ 千葉県:アビッコ

メダカの観賞魚としての歴史はどのくらいあるのでしょうか?

金魚の飼育が一般庶民の間で流行したのが江戸時代の後期だそうですが、メダカはいつぐらいから広く観賞魚として飼われるようになったのでしょうか?江戸時代の金魚のように、庶民の間で飼育が流行ったことはあるのでしょうか?

メダカ飼育は、現在が最も流行しているようです。メダカは外国からやってきた金魚とは異なり、わが国に昔から野生種が住んでいた魚です。メダカの最も古い改良品種であるヒメダカの出現は江戸時代よりはるかに歴史があり、一部の特権階級の人々の間で愛玩されていたようです。しかし、金魚とは異なりメダカはだいぶ小さな魚ですから商品としての価値はあまり高くはなかったと推察されるのです。そのため、金魚の飼育が庶民の間で流行った江戸時代の後期でも、金魚愛好家よりもずっと少ない人々の間で飼育するのが流行った程度のようです。むしろ、メダカ飼育の流行という観点でいえば、現在がわが国の歴史上最もメダカ飼育が流行っている時代といえるかもしれません。メダカの生息地が全国的に減少し、メダカが絶滅危惧種といて指定されたことがマスコミで報道され、そのことがきっかけとなり、メダカの飼育ブームに火がついたといえるのです。


おすすめアクアリウム用品通販サイト
メダカの臭い対策!お部屋が生臭い時にやる事!


関連記事

Top