menu

メダカの飼育法~初心者の飼い方~

白メダカや光メダカ

白メダカはどうやって作られた?

白メダカや青メダカなどの美しい改良品種は、どうやって作られたのでしょうか?黒メダカといわれる野生のメダカと比べると体色が全く違っているのですが?

色が変化した突然変異の個体を元に作られています。メダカの体の表面(体皮)には、体の色を決定する様々な色の色素細胞が存在します。野生のメダカには全体に黒っぽくみえるので(改良品種と区別する意味で)黒メダカの別名で呼ばれるのが一般的です。正常な個体の体色はどれも同じように見えるのですが、稀に全く色調の異なる個体が生まれてくることがあります。これが色彩変異個体と呼ばれる魚ですが、こういった個体は自然の川などではその明るい色が仇となりとてもよく目立ってしまうため天敵に見つかり易く、生き残れないことが多いのです。しかし、飼育下の魚では変わっている色に気付いたブリーダーが群れの中から選別して大切に育てることによって、その珍しい体色の個体は死なずに成魚となり、繁殖して子孫を残すことができるのです。一般に突然変異個体によって現れた体色は比較的遺伝しやすい性質があるため、この個体やその子孫を選びながら繁殖してゆくことで、珍しい体色をもっているメダカを改良品種(白メダカや青メダカなど)として完成(固定)させるのです。

ヒカリメダカはどうやって作られた?

改良品種のヒカリメダカはどうやって作られたのでしょうか?野性のメダカ(黒メダカ)と比べると背ビレの形が違い、また、背中の一部(背ビレの前方)も光っています。単に体色が違うというわけでもないようですが。

ヒカリメダカの最大の特徴は、背部に特有の美しい輝きがあることです。第二の特徴は、背ビレの形が普通のメダカと違って尻ビレと同じ形になっているということです。一般に魚類では、尻ビレが生まれつき(本来の背ビレの代わりに)背中にもついて生まれる突然変異個体が比較的多くいます。つまり、本当は背ビレがつく場所に尻ビレがついて生まれてしまうわけです。これは、魚の卵の発生過程(細胞分裂して卵から稚魚へと育っていく過程)の異常で起こります。この魚体の異常は、遺伝しやすいという性質があります。そこでこのメダカは、背中が光って見えることからヒカリメダカと命名され、新しい改良品種として固定されたのです。ちなみにヒカリメダカの背中の輝きは、白いお腹の皮膚が、生まれつきの異常で背中にも作られているために現れます。つまり、ヒカリメダカの背中の輝きは、白いお腹の輝きだったというわけです。現在ではこのヒカリメダカは人気種となったので、派生的な改良品種もたくさん作られています。


おすすめアクアリウム用品通販サイト
メダカの臭い対策!お部屋が生臭い時にやる事!


関連記事

Top