menu

メダカの飼育法~初心者の飼い方~

水換えの意義とは

水換えしなければならないのは何故ですか?

初めてメダカを飼い始めました。メダカを購入した観賞魚ショップのおじさんから、時々水を交換してあげてください、と言われました。なぜ、時々水を交換しなくてはいけないのでしょうか?水槽にはフィルターをつけてあるのですが。

日々悪化してゆく水槽の水質をよりよい水質へ戻すためです。水槽内で魚を飼育し、エサを毎日与え続けていると、魚がだすフンや水草の枯葉など(有機物)がろ過細菌などによって少しずつ分解され、アンモニア(強毒)→亜硝酸塩(弱毒)→硝酸塩(微毒、量が多いと弱毒)と変化してゆきます。これがフィルター内で行われているろ過の過程です(この変化が順調に起こっている状態を「ろ過が効いている」といいます)。つまり、水槽内には最終的に少量ならメダカ(生物)にあまり害がないとされている硝酸塩が蓄積されていくのです(多くの場合、硝酸塩の蓄積と共にpHは少しずつ酸性へと傾いてゆきます)。以上の水槽内の汚染物質(フンなどの有機物)の変化はかなり単純化したものですが、硝酸塩の量が時間ともに増えていき、魚にとって微毒の硝酸塩の量が増えることによって明らかな毒になってくるのです。そのため、定期的に水換えを行い、硝酸塩の総量を減らす必要があるわけです。この硝酸塩を効率よく安価に除去できるフィルターがあれば水換え作業は不要となるのですが、現在ではまだ発明されていませんから水換えが必要となるのです。

水換え時、汲み置きの水や中和液を使うのはなぜですか?

メダカ飼育の初心者です。初めて水槽で魚の飼育をする予定なのですが、観賞魚ショップでいろいろとアドバイスを受けてきました。その中で、「水槽の水には水道水をすぐに使わずに中和液を使用するか、最低1日から2日ほど太陽光に当てて汲み置きした水を使ってください」と言われました。これは何のために必要な作業なのでしょうか。水道の水であれば毎日家族が飲んだり料理に使ったりしていますし、何の問題もないと思うのですが。

水道の水には、一定の割合で殺菌のための塩素が入っています。この塩素の濃度は人間が飲んでも無害なのですが、魚のエラの細胞を殺してしまう作用がありますから魚を飼育するときに使う水はこの塩素を必ず無毒化する必要があるのです。塩素の無毒化の方法は①塩素の中和液を使う②中和剤のハイポを使う③バケツなどに汲み置きして太陽光に1日か2日ほどさらす、などがあります。①と②は科学的な反応で無毒化させる方法ですが、塩素量が正確にはわかりませんから(水道水中の塩素量は日々変化するのです)使うべき中和液や中和剤の正確な量がわからず、実際はかなりアバウトな作業となってしまいます。一方、太陽光にさらす(水面から塩素が抜け出るのを待つ)方法は、水道水に何も加えませんから最も安全な方法と言えます。唯一の欠点は時間がかかることですが。


おすすめアクアリウム用品通販サイト
メダカの臭い対策!お部屋が生臭い時にやる事!


関連記事

Top