menu

メダカの飼育法~初心者の飼い方~

メダカを冬眠させよう

メダカを屋外で越冬させる場合の注意点は?

今年の冬は、スイレン鉢で飼っているメダカを初めて屋外で越冬させようと思います。メダカを飼育しているスイレン鉢の大きさは直径が45センチほどとそれほど大きくはありません。無事に冬を越せるか心配です。

メダカが耐えられる最低水温はおよそ0度付近と考えられています。ただし、水が凍結していないことが絶対条件となります。0度付近の水温になると、メダカの体はほとんど仮死状態となり、水底で体を全く動かさずに静かにしています。水量が少ないスイレン鉢などでは、中の水が完全に凍結してしまう可能性が高いですので注意が必要となりなります。もし完全に凍結するおそれがある地域では、風が当たらない屋内の土間などに移動させたほうがよいでしょう。屋内に移動できない場合は、庭木のようにスイレン鉢を藁などで囲むと、極端な水温低下をある程度防ぐことができます。水温が低い冬の間、メダカたちはずっと水底に動かずにいますから、その姿は全く見ることができません。そんとあめ、はたしてちゃんと生きているのか心配になってしまうものです。しかし、網ですくったりするとメダカたちを弱らせてしまいますから、春までじっと我慢して見守るようにしましょう。メダカとともに飼育者も忍耐力が必要になるのです。

ガラス水槽は屋外飼育に使えますか?

屋外でメダカの飼育を始める予定です。以前、熱帯魚の飼育をしていたので、使用していないガラス水槽がたくさんあります。この水槽を屋外でメダカの飼育容器として利用したいと考えているのですが、問題はないでしょうか?

未使用のガラス水槽があればメダカの飼育水槽として利用したいところですが、残念ながら屋外では使わないほうが無難でしょう。なぜなら、冬に屋外で氷が張る地域では、ガラス水槽に入っている水が凍結すると、横方向に膨張して水槽の内側からガラスを強く押してしまい、派手に破損させてしまうおそれがあるからです。冬に屋外でも氷が張らないか、派っても極うっすらとしか張らない地域であれば大丈夫だと考えられますが、氷が厚く張る特別に寒い夜が1日でもあると、ガラス水槽は一夜にしてすべて割れてしまうことでしょう。ちなみに、水が動いている水槽の水は凍結しにくいですが、やはり極端に気温が低下すれば凍ってしまいます。水槽の水を決して凍結しないようにするには、出力が小さいオートヒーターなどを入れておけばよいのですが、このやり方は確実に電気代がかさみますしエコな観点からもオススメはできません。


おすすめアクアリウム用品通販サイト
メダカの臭い対策!お部屋が生臭い時にやる事!


関連記事

Top