menu

メダカの飼育法~初心者の飼い方~

復活を目指して

復活への取り組み

全国にはメダカの現状を大変危惧している有志達がたくさんいます。
メダカの姿を再び川に取り戻すには、メダカそのものを放流するのではなく、メダカが再び大量に増えることのできる環境を作り、メダカ自らの力で復活させることの後押しをすることが、最も良い策と考えられます。
その場合も、他の生物の生活環境について十分に考慮しなければならないことは言うまでもありません。

つまり、メダカを守るためとはいえ、外敵となるナマズなどの肉食魚類、タガメやゲンゴロウなどの水生昆虫を駆除するようなやり方では、本来の保護活動ということはできません。
その地域の本来の生態系の姿を守ってゆくことこそが、正しい保護の仕方であると言えるでしょう。生き物を守るためには、それらのエサと、エサとなる生き物が繁殖できる環境が重要だと言えるでしょう。
そのような生き物は、自然界では食物連鎖によって複雑に絡み合いながら存在しています。もちろんメダカを取り巻く環境も、同様のことが言えます。水中の環境も大切ですが、水辺などその周辺についても十分に考慮しなくてはならないのです。

具体的な方法

メダカ復活のために、具体的に取り戻さなくてはならない環境の例をあげると、無視が落下してメダカのエサとなるように、水際には雑草が必要となり、できれば水中には各種の水草、川底には凹凸があり、冬には越冬できるような深い場所があること。さらにはメダカが大量に繁殖できるよう、エサとなる微小生物がたくさん発生する浅い水田や湿地のような場所につながっていることも大切です。

ただ、湿地の場合にはそのままにしておくとやがて水がなくなって陸地となってしまいます。特に暖かい場所では、その移り変わるスピードは速くなります、したがって、時には、増えすぎた抽水植物を抜いて水場を確保するなどの管理をする必要も出てくることでしょう。
以上のことから、めだかを昔のように川や水田で見られるようにするには、メダカそのものを放流するのではなく、現在の環境をお目だかが繁殖、育成できる場所となるように改善することが、重要といえるのです。

そして、上記してきたように、メダカが自然と繁殖できる環境をつくること、メダカを日本中の自然の中に復活させるということは、現在の人工的な建造物等によって覆われ尽くしてしまった水辺の環境を、以前のような豊かで多様性のある環境へと戻そうとすることとイコールであることが理解して頂けると思います。


おすすめアクアリウム用品通販サイト
メダカの臭い対策!お部屋が生臭い時にやる事!


関連記事

Top