menu

メダカの飼育法~初心者の飼い方~

庭やベランダで飼ってみよう

屋外でメダカを飼う楽しみ

手軽に飼育でき、メダカもよく育ち殖えるのが屋外飼育のいいところです。
メダカを外で飼育するためのポイントを確認していきましょう。
庭やベランダに水草を植えた鉢やタライを置いてメダカを泳がせるのもメダカを飼育する方法のひとつです。

屋外ではメダカはとても丈夫に育ちます。太陽の光のおかげで餌になる微生物もたくさん発生しますし、紫外線のため病気にもあまりかかりません。
泳ぎも活発になり、暖かい時期になれば勝手に卵を産み、ふえていきます。室内の水槽で飼育するよりも手間が掛からず、飼育がしやすいのが屋外で飼う最大のメリットと言えるでしょう。

水槽のように横から観察することはできませんが、メダカはもともと自然の川や池に住んでいた魚です。季節の移り変わりを感じられる屋外飼育のほうが向いているのかもしれません。

どうやって飼う?

屋外で飼育するには、水を入れる容器と、そこに入れる水草があればよく、フィルターなどはなくても問題ありません。
鉢などに水生植物を植え、自然の水辺を再現したものは「ビオトープ」とも呼ばれています。ペットショップや園芸店で売っているスイレン鉢やメダカ用の鉢を使うと雰囲気がいいですが、水をためられる容器ならどんなものでも用いること可能です。

たとえば、ホームセンターで手に入るコンテナケースやトロ舟(コンクリートを練るのにつかうもの)、大きめのたらい、発泡スチロールの箱、プランター(水栓ができるもの)などでも使用上問題はありません。もちろん発砲スチロールの箱などは強度面で不安がありますから、あまり大量に水入れるような場合は使えません。

容器は深さよりも水面の広さが大きなものを選ぶとよいでしょう。水面が広いほど水中に酸素を取り込みやすく、水面近くを泳ぐメダカにとっても快適になります。

土や砂利は植物を植えるために必要です。これがあるとろ過バクテリアが湧きやすく、水質の維持に繋がります。
園芸用の荒木田土や赤玉土や熱帯魚用の祖いるなど水草がねを張りやすいやわらかいものを敷くのが一般的ですが、観賞魚用の大磯砂などの硬い砂でも大丈夫です。また、水草を鉢植えしてから容器に沈めれば管理も楽になることでしょう。
完全に水中で育つ水草のほか、スイレンのように水底に根を張って一部を水上に出すものや浮き草など、様々な植物を育てることができます。

暖かい時期になると、園芸点やペットショップではビオトープ向けの植物が並びますから、好みのものを選んで植えるのも楽しいものです。


おすすめアクアリウム用品通販サイト
メダカの臭い対策!お部屋が生臭い時にやる事!


関連記事

Top