menu

メダカの飼育法~初心者の飼い方~

コケをなんとかしたい

コケ抑制剤の効果は?

水槽でメダカを飼育しているのですが、コケの大発生に悩まされ続けています。
観賞魚ショップでコケの抑制剤がいろいろ売られていたので、今度1つ買って試してみようかと考えています。これらの製品は本当にコケを抑制する効果があるのでしょうか?

コケの抑制剤はある程度の効果はありますが、大発生した後ではほとんどその効果は期待できないと言えます。これらの製品は、基本的にコケ発生前に使用して、大繁殖を予防するために利用するのです。

コケは水槽内に充分な栄養分と一定量の光があれば、必ず生えてきます。水槽内にコケが生えることはとても自然なことなのです。問題は、飼育者が我慢できないほどコケが大繁茂してしまうことでしょう。

コケの発生原因は、水質が富栄養化している、フィルターのろ過能力が不十分である、照明が強すぎたり、照明時間が長すぎる、などが考えられます。
したがって、コケの大発生を抑える対策としては、エサを少なめに与える、飼育魚の数を減らす、フィルターのろ過能力を大きくする、水換えの頻度を上げたり一回の換水量を増やす、照明を弱め照明時間を短くするなどが挙げられます。

正面ガラスの内側のコケ対策

部屋にメダカ水槽を置いて飼育と繁殖を楽しんでいます。水槽はガラス製の60センチ水槽ですが、正面ガラスの内側に見苦しい緑色のコケが生えてきて、すぐに内側が見えにくくなってしまいます。
時々、水槽に手を入れてスポンジで掃除しているのですが、水温が低くなる季節はこの作業がやや苦痛になってしまいます。何か手軽にコケを落とせる水槽用品はないのでしょうか?

コケを落とすための用具は今やたくさんの種類が売られています。
屋内に設置しているメダカ水槽でも、コケはどんどん生えてきますね。特にメダカをたくさん飼っていてエサを充分に与えていたり、照明を毎日一定時間以上照射していると、必ずコケは生えてきます。

水槽の正面ガラスの内側にコケがうっすらとでも生えていると水槽内がキレイに見えません。
もし、水槽内を眺めてもきれいに感じられなくなった時は、コケの発生をチェックしてみましょう。コケ掃除を行うとまた間違えるほどきれいに見えるはずです。
コケ落とし用品としてオススメなのは、マグネット式の製品です。正面ガラスを内と外で磁石入りの2つの部品で挟み、これを動かすことによってコケを落とす仕組みです。これをこまめに使えば手を濡らすこともなく正面ガラスをピカピカに保つことができます。


おすすめアクアリウム用品通販サイト
メダカの臭い対策!お部屋が生臭い時にやる事!


関連記事

Top