menu

メダカの飼育法~初心者の飼い方~

ヒーターで長生きを

メダカ飼育にはヒーターは必須ですか?

メダカを玄関に置いた小型水槽で一年中飼育しています。
現在はヒーターを使っていないので、冬になると水温の低下にしたがってメダカ達は徐々に活動しなくなり、真冬になると死にはしないものの、ほとんど動かなくなってしまいます。
我が家は玄関は暖房設備がありませんので、水温は最も寒い日の明け方などは2度から3度ほどにまで下がることもあります。
このような環境ではヒーターを使ったほうがメダカの健康によいのでしょうか?また、ヒーターを使った方が長生きしてくれるのでしょうか?

メダカはとても小さな体ですが、厳しい冬のあるわが国の自然に適応し、長い年月生き抜いてきたとてもタフな魚です。
ですから飼育にはヒーターによる加温は不要です。ただし、一年中メダカが元気に泳ぐ姿を楽しみたいのであれば、ヒーターによる加温が必要となります。
また、加温したほうがメダカの体に水温低下による負担を与えませんから、健康状態の維持はしやすくなるようです。加温した場合としない場合の寿命の差ははっきりとは不明ですが、人が適切に管理して飼育した動物は野生の個体よりも一般に寿命が長くなるので、メダカも加温して丁寧に育ててあげれば寿命は長くなるはずです。

メダカの飼育に適した水温何度くらいですか?

メダカを屋外の庭に置いたスイレン鉢で、屋内では玄関に置いた小型の水槽で飼育しています。
我が家がある地域では、冬になると屋外では水を満たしたバケツの表面に氷が張りますが、中の水が完全に凍ることはありません。
屋内の小型水槽は玄関の下駄箱の上に置いていますので、真冬の早朝でも水温は5度くらいにはなるものの、氷が張ることはありません。水槽ではヒーターでもう少し水温を上げたほうがよいでしょうか?メダカの飼育適温は何度くらいなのでしょうか?

日本のメダカが生存可能と考えられる水温は0度から38度です。
ただし、最低水温の0度はみずが凍結していないことが絶対条件となります。

一方、最高水温の38度は水中に十分な酸素が溶け込んでいることが条件となります。0度から38度という範囲は、メダカが何とか死なずにとりあえず生き続けられる水温の範囲ですから、決してメダカにとって快適な水温の範囲というわけではありません。では、どのくらいの範囲がメダカにとって快適な水温なのでしょうか。
答えはメスの産卵する水温にありそうです。メダカのメスは水温が15度から35度の範囲で産卵を行いますが、最も活発に産卵するのは20度から30度の範囲です。産卵を期待して水温を加温するばあい、電気代の節約も考えて、23度くらいに設定するとよいでしょう。


おすすめアクアリウム用品通販サイト
メダカの臭い対策!お部屋が生臭い時にやる事!


関連記事

Top