menu

メダカの飼育法~初心者の飼い方~

ヒーターやフィルターについて

サーモスタット・ヒーターのオススメは?

冬場でも冬眠させることなくメダカを鑑賞したいと思い、水槽の加温に使うために観賞魚ショップにサーモスタットとヒーターを買いに行きました。
しかし、一体型やサーモスタットとヒーターを分離できるタイプなど、種類が多すぎて選ぶことができませんでした。メダカの水槽には、どんなタイプのサーモスタットとヒーターが適しているのでしょうか?

水槽の加温に欠かせないサーモスタットとヒーターはメダカを一年中元気に泳がせるためには欠かせないものです。熱帯魚用品としては必需品なので種類が多く、どれを買ったらよいか、初心者は迷ってしまうのも当然と言えます。
サーモスタットとヒーターには、この2つが一体になっているヒーター付きサーモスタットという製品がありますが、メダカの水槽には不向きです。
この製品は水温が26度になるようにサーモスタット機能が固定されており、電気代の節約のために20度に設定したくともできないからです。
お勧めはサーモスタットとヒーターを分離できる電子式サーモスタットです。これならヒーターが壊れても交換できますし、希望の温度に簡単に調整できます。ウィークポイントとしてはやや高価であることですが、長い目で見ればこちらのほうがお得でしょう。

メダカ水槽に適したフィルターとは?

45センチのガラス水槽にてメダカの室内飼育を始めようと思います。
飼うメダカの種類や数はまだ未定です。水槽は友人からのもらい物があるので、フィルターだけ新たに購入する予定です。
それで先日観賞魚ショップへ買いにいったのですが、種類がたくさんありすぎて決められませんでした。メダカの飼育にはどんなタイプのフィルターが適しているでしょうか?

水槽飼育で使うフィルターには2つの役割があります。1つは水中を漂うゴミをこし取る働き、もう一つはろ材に繁殖するろ過バクテリアの働きで水槽の水を魚にとってより安全な水に浄化する働きです。一般に前者を物理ろ過、後者を生物ろ過、と呼んでいます。
物理ろ過はフィルターを作動させる力が強いほど、そしてこし取ったゴミをためておく濾過槽部分の容量が大きいほど、その能力は大きくなります。
一方の生物ろ過も、ろ過細菌の繁殖するろ材の量が多いものほど、水を浄化する力が大きくなります。そのため、フィルターのろ過能力は、だいたい価格やその製品の大きさに比例するといえるでしょう。おおよそのろ過能力でフィルターを順番に並べてみると、
1.投げ込み式簡易フィルター
2.水中設置式フィルター
3.底面フィルター
4.外掛け式フィルター
5.外部式パワーフィルター
6.上部式フィルター
となります。
もちろんこれらの順位は、個々のフィルターの電動モーターの出力や、濾過槽部分の大きさによって変動します。この中でメダカ飼育にオススメなのは4・5・6のフィルターです。これらは値段が若干高価になるものの、耐久性やメンテナンス性、そしてもちろんろ過能力的にも全く問題無いと言えるでしょう。


おすすめアクアリウム用品通販サイト
メダカの臭い対策!お部屋が生臭い時にやる事!


関連記事

Top