menu

メダカの飼育法~初心者の飼い方~

メダカにも相性がある

メダカの卵はどのようにして受精する?

メダカのペアはどうやって卵を受精させているのでしょうか?
メダカを水槽でたくさん飼育しているのですが、気が付くといつも、大きなお腹をしているメスがたくさんの卵をぶら下げています。
また、時には水草の陰に、メダカの卵がたくさんぶら下がっているのを発見したりします。しかし、一度もメスが卵を産んでいる瞬間というのを見たことがありません。
メダカたちはいつ産卵しているのでしょうか?真夜中に産卵行動をしているのでしょうか?

日本のメダカのペアは、早朝に産卵行動を行います。
朝が来て少し明るくなったら、ペアはすぐに産卵行動を始めるのです。まず、オスが卵を持っているメスを追いかけます。この時、メスが産卵を迫るオスを受け入れれば、このまま産卵が行われます。

メスがオスを嫌って拒否すれば、産卵は行われません。メダカの世界では、産卵はメスが主導権を握っているのです。
メスが押すを気に入った場合は、オスの大きな尻ビレによる抱擁を受け止め、その際に卵が産み落とされ、同時にオスも放精し受精するのです。
メスは、卵をすぐに水草に絡ませることもありますが、しばらくお腹からぶら下げたままにしておくこともよくあります。恋するメダカのペアは非常に早起きなのですね。

産卵させるにはオスとメスは何匹必要?

今年の春にメダカの繁殖に初めて挑戦しようと計画しています。
繁殖させるにはオスとメス、それぞれ何匹ずつ水槽で飼育すればよういのでしょうか?
メスを多くした方が良いのかな、と考えているのですが逆にオスを多くした方が良いのでしょうか?

メダカのメスは、オスに対して相性というか好き、嫌いがあります。
気に入ったオスとしか産卵しません。気に入ったオスが相手ではないと卵を産まないのですから、産卵になりません。ただし、メスのメダカはそれほど面食いというわけでもないようです。

充分に成熟したメスであれば少しでも早く卵を産みたいという気持ちが強いらしく、たいていの健康なオスであれば受け入れてもらえます。ですから、繁殖させる場合は、基本的にオスとメスはほぼ同数で構いません。オス三匹にメス三匹などでよいでしょう。
ただし、少しでもたくさん卵を産ませたいのであれば、メスの数を多く(オス2匹、メス4匹など)すると良いでしょう。
なお、ダルマメダカのように改良がだいぶ進んでいる改良品種のオスは、たまに受精させる能力がない個体がいることもありますので、卵がかびてしまうことが続く場合は、オスの放精能力を疑ってみる必要があります。その場合は、オスを別の個体に替えて繁殖させてみてください。


おすすめアクアリウム用品通販サイト
メダカの臭い対策!お部屋が生臭い時にやる事!


関連記事

Top