menu

メダカの飼育法~初心者の飼い方~

屋外飼育の容器について

メダカの屋外飼育にはどんな飼育用品が必要?

メダカを庭で飼育したいと考えています。
屋外飼育の場合、とりあえずどんな物を用意すればメダカ飼育が可能でしょうか?
できるだけ予算を掛けずにスタートしたいと考えているので、最小限、必要なものを教えてください。
また、メダカの飼育容器に何か再利用できるものがあれば教えてください。

メダカの屋外飼育では、必要なものはとても少なく、とりあえず水を張ることのできる容器があればメダカを飼い始めることができます。
新たに購入するのであれば、キングタライ(丸型と四角型があります)、タフ船、スイレン鉢などがオススメです。

メダカと水を入れる容器は、生物に害になる物質が溶け出さない素材で出来れいれば何でもよいのです。そのため、様々なものを再利用することができます。
例えば、ベビーバス、発砲スチロールの箱、プラスチック製の収納ボックスなどです。ベビーバスなどは見栄えがあまりよくありませんが、耐水性の塗料で再塗装すれば、見違えるほど立派になります。

ただし、塗装する場合は白く塗ってください。黒く塗ると夏場は太陽の光を吸収して水温が高くなりすぎてしまうからです。発砲スチロールの箱を再利用する場合は、水圧に耐えられるだけの厚さのある丈夫な箱を選ぶようにしましょう。

屋外のメダカ飼育にオススメな容器は?

今年の春から屋外でメダカの飼育と各種水生植物の栽培を楽しみたいと考えています。
育てる水生植物の種類はまだ決めていないのですが、メダカの飼育と植物の栽培を兼ねる容器は、なるべく大きめのものにしたいと考えています。スイレンの栽培にも興味を持っていますが、とりあえずメダカと一緒に育てる水生植物群には加えない予定です。
メダカ飼育兼栽培容器の設置予定場所は庭の一角で2メートル×1メートルほどのスペースを使うことができます。

メダカの飼育容器は満水時にメダカに害となる何らかの物質が一切溶け出さないものであれば、なんでも構いません。ただし、水量は多いほどメダカにとって暮らし易い水質の維持が容易になりますから、条件が許すのであればできるだけ水量の多い容器を選びましょう。

一方、ある程度の水深が必要なスイレンを育てずに各種の水生植物を植えることを考慮すると、容器の水深は浅めのものが使い易いでしょう。
多めの水を問題なく満たせる比較的浅い容器としては、合成樹脂製のタフ船があります。
これは、本来はセメントをこねる容器などとして使うのですが、比較的安価で丈夫なため、メダカや水生植物の容器としても活用できます。


おすすめアクアリウム用品通販サイト
メダカの臭い対策!お部屋が生臭い時にやる事!


関連記事

Top