menu

メダカの飼育法~初心者の飼い方~

水温を下げる方法

夏場の高水温に困っています

アパートの自室でメダカを飼育しています。
夏の昼間は外出時に窓を閉め切っていると、水槽の水温が40度近くにまで上がってしまい、メダカたちの調子がよくありません。ときどき、耐え切れずに熱さで死んでしまうメダカもいます。
あまりお金をかけずに水槽の水温を下げる方法を教えてください。

夏になるとアクアリストを悩ますのが水温の過度な上昇です
。高すぎる水温はメダカの健康によくありまえんし、水草の生長も悪くなります。部屋の位置にもよりますが、外出時に締め切った部屋は、水槽の水温が40度前後になってしまうことも少なくありません。
さすがにここまで水温が高いと、最悪の場合メダカが全滅してしまう可能性まであります。水槽の水温を下げる一番簡単な方法は水槽用のクーラーを取り付けたり、部屋ごとエアコンで冷房をするなどがありますが、かなり設備費や電気代がかかり現実的ではありません。
そこで、あまりお金をかけずに水温を下げる方法をいくつかご紹介します。

・水槽用小型ファン
水槽の縁に取り付け、ファンの風を水面に直接当てることで水温を数度下げる効果があります。
ファンの風の強さや総水量にもよりますが、水量が7リットルから10リットル程度の小型水槽であれば水温を2,3度は確実に下げてくれるでしょう。

・水槽用蛍光灯をかさ上げする
水槽用蛍光灯を水槽の上に直接置かず、直径3センチから5センチ程度の角材をかませるなどしてかさ上げして設置しましょう。
蛍光灯の熱で水温がさらに上がるのを防ぐことができます。

・水槽を日陰に置く
水槽を直射日光が当たる窓辺には置かず、室内の風通しのよい場所へ移動させましょう。
直射日光が当たらなければ、水槽の水温はだいぶ下がります。

・外出時も室内の空気の流れを確保する
外出時に窓やドアを締め切らずに、空気の流れを保つようにすれば、水槽の水温が40度以上ととんでもなく高くなるかの旺盛は低くなります。
でも、家や部屋の防犯上、なかなかそうはできな場合も少なくないでしょう。もし換気扇があれば、それを回したままにしておくだけでも水槽の水温は多少は違ってくるので、是非実行しましょう。
部屋を完全な密室状態にしなくては外出できない場合は、普通の扇風機の風を直接水槽に当てたままにする、ペットボトルに氷をつめて、外出時に水槽に浮かべておく、などするとよいでしょう。これらの方法は意外と水温低下の効果が大きいようです。
特に扇風機の風を直接水槽に当てる方法は意外と効果が高く、水槽の水温を2,3度は確実に下げてくれます。


おすすめアクアリウム用品通販サイト
メダカの臭い対策!お部屋が生臭い時にやる事!


関連記事

Top