menu

メダカの飼育法~初心者の飼い方~

水質にこだわる

pHや硬度とは、どのようなものですか?

観賞魚飼育で水質の話によくでてくるpHと硬度とはどのような意味の言葉なのでしょうか?
メダカの飼育には必要な知識ですか?
専門用語を知っているとなんとなくカッコイイ気もして・・・

pHとは、水の状態を表す指標のひとつで水素イオン濃度指数のことです。
pHは0から14の値で示し、真ん中のpH7が中性、pH7よりも数字が小さくなるほど酸性、逆に数字が大きくなるほどアルカリ性と呼ばれます。

pHが観賞魚飼育で大切だとされている理由は、水にすむ生物は、それぞれに状態よく暮らせるpH帯を持っているからです。
日本のメダカは酸性度の高い水に弱く、弱アルカリ性から中性のpH値の水を好みます。水槽飼育では、フィルターに大量のゴミが溜まると水質が酸性側に大きく傾き、メダカが死んだり病気に罹り易くなるので注意が必要です。水槽のpHを計測するには、pH用水質テスト試薬や電子式pHメーターなどを使います。

一方、水の硬度は、文字通り水の硬さのことで、水中に溶け込んでいる石灰やカルシウムなどの量が多い水を硬水、少ない水を軟水と呼んでいます。
ただし、メダカの場合は比較的幅広い硬度の水に適応できますので、気にしなくてもさほど問題はないでしょう。また、熱帯性メダカなど、海外のメダカを飼育する場合にはpHと合わせて硬度にも気を配る必要があります。

セットした水槽にすぐにメダカを入れても大丈夫?

春になったので、メダカの水槽飼育を始めようと考えています。
メダカの飼育セットを通信販売で購入するのですが、明日には到着する予定です。メダカは近所の小川に泳いでいる野生のメダカを採集してきて泳がせる予定です。
水槽をセットできたらすぐにメダカを入れても大丈夫でしょうか?

メダカの飼育を春に始めるのは、タイミングとして最高です。少しずつ水温が上がってゆく季節ですから、メダカも新しい環境になじみやすいのです。
ただし、水槽をセットした直後にメダカをすぐに泳がせるのは止めましょう。セット直後の水槽は水の状態がまだ安定せず、メダカにとって危険なアンモニアや亜硝酸などの物質が現れやすいからです。
これらの物質は、フィルターのろ材にろ過細菌が定着して働き出す(殖えだす)と、少しずつもっと安全な硝酸塩という物質に変えていってくれるのです。
新たにセットした水槽にすぐにメダカを入れるのはちょっと我慢して、セットの一週間後に入れるようにしましょう。

なお、さらに慎重にしたければ、水槽には最初、2-3匹だけを泳がせて様子を見てみると良いでしょう。


おすすめアクアリウム用品通販サイト
メダカの臭い対策!お部屋が生臭い時にやる事!


関連記事

Top