menu

メダカの飼育法~初心者の飼い方~

体の異常に関する質問

尾が溶けて小さくなってくるのは病気でしょうか?

メダカの尾びれの先端が充血して赤くなっています。
徐々に溶けているような感じで小さくなっているのですがこれはどんな病気でしょうか?
また治療方法を教えてください。

メダカだけでなく、観賞魚全般に多い病気です。
細菌(フレキシバクター・カラムナリス)の感染により発病し、比較的短時間で死亡してしまう怖い病気の一つです。
ヒレに病気の兆候が現れることが多く、ヒレの先端部分が少しだけ充血していたり、溶け掛かっているような場合は発病のサインと考えます。

この病気は魚にとって飼育環境が悪い場合によく発病する病気です。水槽内に過剰に蓄積された硝酸塩やアンモニアによって急激に水質が悪化した場合など魚が様々なストレスを受けていると発病リスクが高まると考えられています。
よく見られる患部はヒレが多く、症状が急速に悪化してゆくその部分の組織は壊死を起こしてしまい、ヒレはたちまち溶けてしまいます。

治療方法は0.5%の濃度にした治療用の塩水水槽へ移し、グリーンFゴールドの既定量を投与します。ヒレに腐りかけている部分がある場合は、鋭利なハサミでカットします。
治療用の水槽へ移した病魚は病気の進行が止まり、有る程度回復した段階で元の水槽へ戻すとよいでしょう。ただし、それまでにフィルターの目詰まりを解消したり、部分的な水換えを数日にわたって何回か行うなどして本水槽の飼育環境を改善しておくことが重要です。
本水槽の飼育環境が改善されないと、また別の魚がカラムナリス症を発症する可能性が極めて高いのです。水温はやや高めの28度から30度にします。

メダカの体の一部にカビのようなものが生えています

メダカの体の一部から白く短い毛のようなものがたくさん生えてきました。
付け根付近は赤く充血しているように見えます。
はえている部分は体の極一部ですが、ピンセットでつまんで取り除いても大丈夫でしょうか?

魚が体の一部をどこかに強くこすったことにより、その箇所が傷つき、そこに水カビが付着して繁殖している病気です。
この病気は水槽内に岩などの鋭利な部分があるものを入れておくと、何かのはずみ発症しやすい病気です。
患部は高さ数ミリの綿毛状の菌糸が生えていますので、誰が見てもすぐにわかります。エロモナス病で開いた患部に2次感染することも多いようです。

治療は塩を加えて0.5から1%の濃度にした治療水槽へ移し、メチレンブルー、アグテンなどの魚病薬を投薬します。
病魚を治療水槽に移すときにピン腺とで綿毛状の菌糸を取り除くとよいでしょう。ただし、メダカは体がかなり小さいですから、手先の器用さにあまり自信がない方はやめておいたほうがよいでしょう。
カビの除去に手間取ると、かえってメダカを弱らせたり、死なせてしまうことがあります。


おすすめアクアリウム用品通販サイト
メダカの臭い対策!お部屋が生臭い時にやる事!


関連記事

Top