menu

メダカの飼育法~初心者の飼い方~

余裕ある環境で更なる長生き

5リットルほどの超小型水槽で親メダカは何匹飼育できますか?

水量が約5リットルほどの小型水槽でメダカの飼育を行おうと思っています。
親メダカは何匹くらまで飼育することができるでしょうか?

水槽というかなり水量が限られた環境でメダカの飼育を行う場合、一匹あたりの水量は、多ければ多いほど安心して飼育を行えます。
一匹あたりの水量が多ければ、何らかの原因で水質が悪化する速度がその分軽減されるからです。例えば、水槽の中で一匹のメダカが突然死んでしまったとします。
すると、死んだ魚はすぐに腐敗が進み、健康な魚に生命の危機を与える物質(アンモニアなど)を発生させます。
この時、総水量が5リットルの水槽よりも10リットルの水槽のほうが、同じ量の毒でも2倍に薄まるので危険が少ないのです。
総水量50リットルの水槽なら5リットルの水槽と比べれば10倍に薄まるのですから、さらに危険は低くなるといえるのです。

水槽で何匹のメダカを安全に飼育できるかは、様々な条件で変わってきますから一概には言えません。
かなり乱暴な目安ですが最低1リットルあたり1匹を基準にしましょう。
ただし、これはエアレーションや電動フィルターを使っている水槽の場合です。これらがない環境では1リットルの水に0.5ぐらいを基準にするととりあえず安全といえるでしょう。

水槽に水草を入れると水質は改善されますか?

メダカを水槽で飼育しています。メダカの繁殖はしていないので、特に水草は植えていません。
でもメダカの水槽で水草を育てると、水質維持に効果があるという話を知人から聞きました。水質維持に役立つなら、水草を育ててみようかとも思うのですが、この話は本当なのでしょうか?

水草は、水槽の見た目をきれいにしてくれるだけの存在ではありません。
水槽の中で光合成を行って成長している水草は、水中へメダカたちが呼吸する酸素を放出し、メダカに害がある物質もじぶんたちの体を作るための肥料として吸収してくれるのです。
特に、成長の早い有茎の水草や浮き草の仲間は、これらの働きが顕著ですから、有る程度の水質改善効果が期待できるわけです。

メダカは、童謡の「メダカの学校」では、いつでも仲良く群れて泳いでいるイメージですが、水槽内では縄張りを作って弱い魚を排除したり追い回したりします。その場合に水槽内に水草がたくさん植えられていると、追われた個体はすぐに身を隠すことができるのです。
また、水草の緑には、水槽を眺めている飼育者の心を癒す大きな効果があるそうです。水草は水質の改善だけでなく、人の心の改善にも役立つといえるでしょう。


おすすめアクアリウム用品通販サイト
メダカの臭い対策!お部屋が生臭い時にやる事!


関連記事

Top