menu

メダカの飼育法~初心者の飼い方~

容器に関する質問

ガラス製とアクリル製どちらが良い?

メダカの飼育用に小型水槽の購入を計画しています。
ガラス製とアクリル製(またはプラスチック製)、どちらがよいのでしょうか?
アクリル製やプラスチック製の方が値段が安い製品が多くその点は良いのですが、耐久性などが気になります。

ガラス製と合成樹脂製(アクリルやプラスチック)の水槽にはどちらにも一長一短があると言えます。
ガラス製水槽の長所は、傷がつきにくく、美しさが長続きするということです。
逆に短所は硬いものをうっかり当ててしまうと割れやすいということ、合成樹脂製の水槽よりもはるかに重いことです。

合成樹脂製の水槽の長所は、ガラス製水槽よりずっと軽いことと、丈夫で安価なことです。短所は、傷がとてもつきやすく、表面がやがて傷でかなり曇って美しさが長続きしないことです(ただし、とても用心して扱えば、傷による曇りは最小限に抑えることができるでしょう)。
これらの長所と短所は水槽のサイズが大きくなればなるほど顕著な差となって現れます。そのため、もし、合成樹脂製の小型水槽(アクリル水槽など)を買って短所がとても気になったら、次はガラス製水槽の購入をオススメします。

大きなスイレン鉢の入手方法は?

先日スイレンをたくさん展示している植物園へ行ってきました。
園内には様々な種類のスイレンの花が咲いていてとても美しかったです。また、園内には直径が1メートルほどもある大きなスイレン鉢が使われており、ひと目で欲しくなってしまいました。
近所のホームセンターの園芸コーナーなどでは、直径が60センチ程度までのスイレン鉢しか販売されていません。もっと大きなスイレン鉢はどこで手に入れることができるのでしょうか?

ホームセンターや園芸店で一般的に売られているスイレン鉢は、最大でも開口部の直径が60センチ程度です。
特大のスイレン鉢は置いておくだけで邪魔になりますし、特に国産品は高価なのでそれほど売れないため、在庫を用意していないのです。
また、ホームセンターで売られているスイレン鉢は、中国やベトナムなどからの輸入品ですので、あまり販売が見込めない特大のスイレン鉢は扱っていないのです。

どうしても特大のスイレン鉢を入手したければ、園芸店のスタッフに頼んで問屋ルートから探すか、あるいは窯元に特注して作るという手もあります。
ただし、一般に販売されているスイレン鉢は大量に輸入されてくる安価な外国産なので手ごろな価格となっていますが、国産でしかも特大のスイレン鉢となれば、びっくりするほど高価な買い物になるのは覚悟しなければなりません。
裏技としてはインターネットオークションで探すという手もありますから、こちらも利用してみると良いでしょう。


おすすめアクアリウム用品通販サイト
メダカの臭い対策!お部屋が生臭い時にやる事!


関連記事

Top