menu

メダカの飼育法~初心者の飼い方~

メダカ飼育の心得

メダカ飼育の心得

世話は誰の仕事?

「よし!メダカを飼おう!」と、思い立ったが吉日とばかりにペットショップや水生動物販売店に駆け込むのはちょっと待ってみましょう。実際にメダカを手に入れる前に、考えておくべきことがあるはずです。
メダカに限らず「生き物を飼う」場合全てに当てはまることですが、動物やペットとは遊んだり戯れたり観賞したりと、楽しい時間を過ごすだけでは決して済みません。めんどくさいと感じられるような日々の世話が必要になるのです。
この面倒な世話を自分勝手にもサボるとどうなるでしょうか。可愛いペットやメダカは病気になったり死んだりしてしまいます。
飼い主は自分の体調や機嫌の善し悪しに関わらず、毎日休むことなく世話をしてあげなければなりません。それが責任なのです。
自分に最後まで責任を持ってメダカの世話ができるか、もう一度だけ考えてみましょう。

愛情を持って飼育しよう

メダカにとっての飼育水は、人間にとっての空気と同じです。汚れたままの水で飼育されているメダカは病気に罹りやすくなりますし、間違いなく本来の寿命より短命となってしまうでしょう。
たまに、水槽や水鉢の水が汚いままの状態でメダカを飼っている人がいます。たしかに水換えというのは重労働ですし、メダカ飼育の中で一番大きな労力が必要となる作業かもしれません。しかし、先ほど述べた通り、メダカにとっての水は何よりも大切な生息環境そのものなのです。
本当にメダカを愛している人にとっては、メダカを汚れたままの水で飼育することなど、全くもって考えられない話だと思います。
メダカのような小さな生き物でも、愛情を持って世話をしていれば自然とその気持ちに答えてくれるようになります。水換えを始め、普段から一生懸命世話をしていると、例えばあなたが餌を与えようとした時に、いつの間にか水槽の前に立つあなたのもとへ、メダカ達が寄ってくるようになるでしょう。

正しい知識が必要

メダカの愛好家たちは、どのような点に注意すればメダカが長生きするか、或いはたくさん繁殖させることができるかなど、常にメダカの飼育に工夫を凝らしています。全てのメダカ飼育者がそこまで熱心に取り組まなければならないとは言いませんが、やはり生き物を飼う以上、最低限の正しい知識は持っておく必要があります。
メダカは人間と違い水中で生きる動物です。ですから、なかなか感覚的に理解できない生態を持っていたり、良かれと思ってしたことが裏目に出てしまうこともあります。また、とても小さい生き物ですから、ちょっとした不注意で死なせてしまうこともあるかもしれません。
そういったことを未然に防ぐためにも、水槽をセットしたり、メダカを手に入れたりといった、初期の段階から、正しい知識を学んだ上で行動する必要があるのです。


おすすめアクアリウム用品通販サイト
メダカの臭い対策!お部屋が生臭い時にやる事!


関連記事

Top