menu

メダカの飼育法~初心者の飼い方~

初心者が選ぶメダカ

初心者が選ぶメダカ

メダカにもたくさんの種類がある

一言で(日本)メダカといっても、実にたくさんの種類がいます。色や体型など、いろいろな種類がありますので、もちろん自分が気に入った種類のメダカを飼育すれば良いのですが、種類によって少しずつ飼い方や、難易度が違ってきます。ですから、特に初心者のうちは丈夫で飼いやすい種類からスタートし、徐々に変わったタイプのメダカ飼育にもチャレンジしていくと良いでしょう。

黒メダカ

かつては日本中の小川や池に生息していたポピュラーな野生メダカです。しかし、現在では自然環境ではほとんど見かけることがなくなってしまい、絶滅危惧種にも指定されています。
黒メダカは生息地から大きく二つのタイプに別れており、それぞれ北日本集団、南日本集団と呼ばれています。各産地によって個体に若干の違いがあります。

緋メダカ

野生の黒メダカの変異種であり、色以外は全て黒メダカと同じです。飼育魚として古くから親しまれており、その歴史は江戸時代にまで遡ります。飼育されるようになった経緯は不明ですが、おそらく色味の綺麗さと珍しさから珍重され、金魚などと一緒に飼育されたのが始まりだと考えられます。
現在ではペットショップなどで手軽に入手できますし、丈夫で飼育しやすいことから初心者に最もオススメできる種類のメダカと言えます。

白メダカ

はっきりとした発生時期は不明ですが、この白メダカも江戸時代にはすでに観賞用として飼育されていました。もともとは野生メダカから突然変異で生まれた種類のメダカで、黒と黄の色素を持たず、うっすらピンクがかった白色の体色をしています。
近年では更に白さが増して、純白といえる体色の白メダカも登場しており、こちらは一層観賞価値の高いメダカとなっています。

青メダカ

黒メダカと白メダカを交配させることによって生まれたメダカで、ごく最近になって普及した種類のメダカです。
体色は白メダカに似ていますが、ややグレーがかった青みのある色をしています。

だるまメダカ

白メダカや青メダカそれぞれの突然変異として生まれてくるメダカで、卵約2000個につき一匹程度産まれる大変珍しいメダカです。その名の通りだるまのような丸い体型をしており、泳ぐ姿はとても可愛くユーモラスです。

ひかりメダカ

だるまメダカ同様、孵化時の突然変異によって生まれてくるメダカです。背中がキラキラと光るのが特徴である他、背ビレと尻ビレが同じ形をしており、また尾ビレも上下対照である点も多種との違いです。生まれてくる確率はとても低く、だるまメダカ同様たいへん珍しい種類です。


おすすめアクアリウム用品通販サイト
メダカの臭い対策!お部屋が生臭い時にやる事!


関連記事

Top