menu

メダカの飼育法~初心者の飼い方~

メダカの体型や呼吸法

メダカの体型や呼吸法

体型

メダカの体型は大きく2つに分類できます。
・くさび型
一般的によく知られているメダカの体型のことです。細長いくさび型をしています。
・だるま型
丸く、ずんぐりむっくりとした体型で、だるまのような印象を受ける体型です。
この二つのタイプは見た目こそ全く違うものの、体の基本的な構造は同じです。

体色

メダカの体色は、名前にもなっている通り、黒・緋・白・青そして背中が光っているものがあります。色については皮膚に含まれる色素細胞の有無や形、位置によってそれぞれ変わり、鱗の反射具合によって光沢にも特徴がでてきます。
メダカの皮膚は表皮と真皮からなります。うろこはこの真皮の一部が変化することによってできました。うろこはもともとは無色なのですが、裏側に光を反射する虹色素細胞層ががあるため色鮮やかに輝きます。
また、メダカは擬態することによって体色を変化させることもあります。周囲の環境や水槽内の色に合わせて外敵から身を守ろうとしたり、縄張り争いや威嚇のために変化することもあります。

野生メダカからの突然変異種である緋メダカは体側に黒色素胞を持っていませんが、黄色素胞が野生メダカと同様に分布しているため緋色になります。

白メダカは黒色素胞や黄色素胞を持ってはいるものの、素胞に色が入っていないため白くなります。うっすらピンク色に見えるのは血液が透けているためです。一見、アルビノと似てはいますが、眼球や体腔壁には黒い色素が存在します。

青メダカは野生メダカと白メダカの交配によって、褐色・青・緋・白の各メダカが9対3対3対1の割合で分離して発生します。つまり青メダカは16分の3の割合で発生するということになります。
青メダカはメラニンの入った黒色素胞は持っているものの、黄色色素の入った黄色素胞がほとんどないため、青く見えます。けして青い色素を持っているわけではないのです。

呼吸

メダカはエラによって水中に溶け込んでいる酸素を吸収し、呼吸をしています。また、エラにはフィルターの役目もあり、体内にゴミやプランクトンが入ってくるのを防いでいます。
メダカが生きるためには水中に酸素が必要となるわけですが、酸素は水温が上がるほど水中での濃度が下がりまた、メダカ自身が必要とする酸素の量は逆に増加します。
夏場など、メダカのいる水槽や水鉢に直射日光があたる場合は水中の酸素量が不足してしまう可能性がありますので、日除けをしてやるなどの工夫が必要となります。


おすすめアクアリウム用品通販サイト
メダカの臭い対策!お部屋が生臭い時にやる事!


関連記事

Top