menu

メダカの飼育法~初心者の飼い方~

水換えの仕方と頻度

メダカにとって水は命

メダカにとって水質の悪化は生命の危機に直結します。いつもキレイな状態を保つよう心がけなくてはいけません。メダカを飼育しているとフンや食べ残したエサ、腐った水草などが原因となって水槽の水を汚染していきます。水が汚れるとメダカは病気に罹りやすくなり、最悪の場合は死んでしまうこともありますから定期的な水槽の掃除が必要になるのです。水換えを行うとき一番重要なことは、新しい水と古い水槽の水を同じ温度に合わせることです。そうしなければ急激な温度変化によりメダカが心臓麻痺を起こしたり、体の表面を覆っている粘膜が損傷して病気の原因になったりしてしまいます。魚の体表面の粘膜は病気や外敵に対するバリヤーです。メダカに手で直接触れると損傷してしまいますから、周囲の水ごとすくうようにしましょう。

水換えの手順

まず、水換え用の水を準備します。水道水にはカルキ(塩素)が含まれていますから、これを中和するために一昼夜汲み置きしておきましょう。急いでいる場合は専用の中和剤を使うこともできます。水温を水槽内と合わせるためになるべく水槽に近いところに置いておくのが良いでしょう。交換用の水ができたら、次は水槽内の水をポンプを使って3分の1ほど抜きます。水換え用のポンプは新品の灯油用ポンプの口にガーゼを当て、輪ゴムでくくれば完成します。このとき、誤ってメダカを吸い込まないよう気をつけましょう。水を3分の1ほど抜いた後は目の細かいアミを使って水槽内のゴミを取り除き、壁面が汚れている場合はふき取ります。アミを使う時は砂底をかき混ぜたりしないよう静かに動かしましょう。最後にカルキを抜き、温度を合わせておいた水を水槽内に入れます。この時も砂が舞い上がったり、水草が抜けたりしないよう静かに少しずつ入れるようにします。

季節毎の水換え頻度

夏は水温が高くなり、メダカが最も活発に泳ぎ回る季節です。エサもよく食べ排泄物も多くなりますから水換えも頻繁に行わなければいけません。夏は週に1回程度は水換えを行うようにしましょう。春や秋になると少し気温も下がり、メダカの活性も下がってきます。これらの季節は二週間に一回程度の水換えが目安となります。最後に冬ですが、この時期はメダカは冬眠していてエサも食べません。水換えを行うと冬眠の邪魔をしてしまうことになりますから、水換えは行わないようにしましょう。ただし、室内の気温が高かったり、ヒーターを使って加温している場合は適宜水換えを行う必要があります。


おすすめアクアリウム用品通販サイト
メダカの臭い対策!お部屋が生臭い時にやる事!


関連記事

Top